膣式による手術

低侵襲手術NOTES

この手術は、NOTES(Natural Orifice Translumenal Endoscopic Surgery:軽管腔的内視鏡手術)と呼ばれ、人の体に既に備わっている自然孔、この手術の場合は膣から手術を施すため、体表面に手術痕を作らない、低侵襲手術です。
手術を膣から行うため、術後、膣内がヒリヒリと痛んだり等の症状が伴う可能性があります。

こんな方のための手術です

  • 体表面に手術痕を増やしたくない
  • 術後の痛みはできるだけ軽く済みたい

手術条件

・日本の精神科医からの診断書1通
・ホルモン注射歴1年以上
・年齢20歳以上(20歳未満の方は親権者の同意等必須)

基本的には、エコー検査の結果等の提出は義務付けられてはいませんが、下記のようなことが該当する方は、手術のお申し込みに当たり、事前に、現状や、各検査結果や主治医からの診断書、服用している薬を、ご提示頂ければ幸いです。
・過去に、女性生殖器に関わらる病気を患ったことがある。
・現在、女性生殖器に関わる病気を患っている。
・既に治療も終えて完治しているが、過去に、女性生殖器に関わる病気を患った経験がある。
こういった内容を申告せずに、手術のご予約を頂いても、手術中に様々な事実が判明して、手術を受けられない事態になる可能性があります。
くれぐれも、ご注意下さい。

ご注意
手術中、下記のような状態の場合、患者の意思を確認することなく医師の判断で、その状況に適した手術方法(開腹か腹腔鏡)に切り替えられる可能性があります。また、手術方法を切り替えざるを得なかった場合の、手術代金等の返金は、一切ありませんので、予めご了承下さい。
※過去に腹腔内の何らかの手術の影響で、広範囲に渡る酷い癒着がある場合
※既に患っている腹腔内の病気がある場合、その症状が酷く悪化している場合
※手術途中、膣からの手術での確認が困難な、何らかの原因での酷い出血が生じた場合
※膣が非常に狭く、柔軟性がなく、この方法での手術が不可能と判断された場合
※膣が深く、腹部内で切り離した子宮や卵巣を、膣から摘出することが困難と判断された場合
※その他、安全に手術を進められないと医師が判断せざるを得ない状況が起こった場合

手術代金

膣式での手術
130000バーツ

膣式による手術

  1. 膣式による手術

    この手術は、NOTES(Natural Orifice Translumenal Endoscopic Surgery:軽管腔的内…