前腕部皮弁陰茎形成

下準備の段階に当たる、前腕部にカテーテルを通した部位を皮弁し、男性器である陰茎を形成します。
マイクロサージャリーを用いて、血管や神経をも、体と形成された陰茎を繋ぎます。
また、大陰唇内側の脂肪を利用して、睾丸が形成され、陰茎内には、陰茎の芯として、シリコン棒が挿入されます。
この手術を終えることで、男性に類似した陰茎を得ることができ、基本的には、立位での排尿が可能となり、性行為時に挿入行為も可能とされています。

手術条件

・前腕部尿道形成手術から6ヶ月以上経過しており、その部位の状態に異常がないこと
・年齢20歳以上(20歳未満の場合は親権者の同意等必須)
*ヤンヒー病院での手術が初めてとなる方は、日本の精神科医からの診断書1通が必須です。

タイへの滞在日数/入院日数

滞在日数29泊30日中、入院日数14泊15日

手術と術後

・手術に要する時間は、基本的には6時間前後となります。
・術後病室に戻ってきてから、飲食が可能になります。
・この術後は、基本的には10日間、排尿カテーテルが通された状態で、ベッド上で絶対安静の入院生活を送ることになります。
・術後5日目、医師が、皮弁された前腕部を覆っている包帯を解き、洗浄/消毒をします。
・術後10日目に、皮弁された前腕部に充てがわれているギブスが外されます。
・術後10日目前後で、医師の判断で排尿カテーテルが抜き取られ、カテーテル無しでの排尿テストが始まります。
・カテーテル無しでの排尿が思い通りできない場合、もしくは、酷い尿漏れが発覚した場合は、全身麻酔での再手術/処置となり、入院を延長することになります。
・術後退院後帰国日までに、医師の指示に従い通院をします。
・この術後は、医師の指導に従い、形成された尿道が狭くならないように、カテーテルを通す等のケアを行う必要があります。

手術料金

前腕部皮弁陰茎形成
330000バーツ

前腕部皮弁陰茎形成

  1. 前腕部皮弁陰茎形成

    下準備の段階に当たる、前腕部にカテーテルを通した部位を皮弁し、男性器である陰茎を形成します。 マイクロサージャリーを用いて、血管…