開腹による手術

費用を抑えたい方に

下腹部を横一文字に切開して、女性生殖器の内性器に当たる子宮、卵巣、卵管を全摘出する手術です。
この手術痕は、トランクスやボクサーパンツ等履いて、見えなくなる位置になります。
傷の治り方には個人差がありますが、より目立たない傷になるように、医師は配慮をして縫合しています。
この縫合は溶ける糸が使われており、基本的には抜糸の必要がありません。ただし医師によっては、術後診察時に、抜糸の処置を施すこともあります。

手術条件

・日本の精神科医からの診断書1通
・ホルモン注射歴1年以上
・年齢20歳以上(20歳未満の方は親権者の同意等必須)

基本的には、エコー検査の結果等の提出は義務付けられてはいませんが、下記のようなことが該当する方は、手術のお申し込みに当たり、事前に、現状や、各検査結果や主治医からの診断書、服用している薬を、ご提示頂ければ幸いです。
・過去に、女性生殖器に関わらる病気を患ったことがある。
・現在、女性生殖器に関わる病気を患っている。
・既に治療も終えて完治しているが、過去に、女性生殖器に関わる病気を患った経験がある。
こういった内容を申告せずに、手術のご予約を頂いても、手術中に様々な事実が判明して、手術を受けられない事態になる可能性があります。
くれぐれも、ご注意下さい。

タイへの滞在日数/入院日数

滞在日数10泊11日中、入院日数は5泊6日

手術と術後

ヤンヒー病院の場合
・手術に要する時間は、手術方法にもより異なりますが、基本的には3時間前後となります。
・術後翌日、医師の許可が出るまで、飲食(水を飲むことも)は厳禁です。
・術後翌日水が飲めるようになった後も、異常な腹痛等なければ、スープ等軽い食事が開始します。
・開腹による術後は、術後2日目に、排尿カテーテルが抜き取られ、ベッドから降りて歩けるようになります。
・この手術方法は、患者の体型は特に問いませんが、開腹部分の肉厚が厚いほど、切開される深さが増すため、肥満体型ではない方以上に、術後の痛みが強く感じられる可能性があります。
・術後手術痕周辺が、やや内出血を起こしている部分が見られる可能性があります。これは切開の際に、より強く圧迫された可能性があるということであるため、予めご了承下さい。
・術後開腹部分に充てがわれているガーゼに血が滲みて、その範囲が徐々に広がっていく場合は、注意が必要です。縫合痕から出血が続く場合は、内部で出血を起こしている部分があるとうことなので、このような場合は、速やかに看護婦に伝える必要があります。
・この術後は、医師の指導に従い、注意事項をよく守り、ある一定期間は、絶対に無理をなさらないようにして下さい。

手術料金

ヤンヒー開腹
95000バーツ

開腹による手術

  1. 開腹による手術

    下腹部を横一文字に切開して、女性生殖器の内性器に当たる子宮、卵巣、卵管を全摘出する手術です。 この手術痕は、トランクスやボクサー…