新型コロナウイルス対策変更事項のお知らせ@PAI

2月24日に、改訂:新型コロナウイルスに関する各医療機関の対応と、弊社がエージェントを努めさせて頂いている各医療機関からの、日本人患者への対策を、お知らせさせて頂きました。

その中で、PAI(Preecha Aestetics Institute)から、変更事項があると本日連絡を受けましたので、お知らせをさせて頂きます。

24日の時点では、【タイに到着後、パヤタイ2病院での新型コロナウイルスの感染の有無を調べる検査を受けて、結果が陰性であれば、手術を受けられる】という通達内容でしたが、《手術前最低でも14日間以上》のタイへの滞在が必要という内容に、変更になりました。

尚、この新型コロナウイルスでの、日本人患者(その他感染が酷いと言われている国からの患者)への対策や措置は、決定ではなく、暫定的なものであるため、今後も、状況に応じて、変更事項が伴う可能性が、十分に考えられます。
また、タイへの渡航が、性別適合手術や美容整形手術、その他医療機関での何らかの診察や施術を受ける方に置いては、最悪のケースは、渡航後に、新たな変更事項が出た場合、内容によっては、目的の手術を受けられず、帰国しなければならないという事態になるというリスクもしっかり踏まえた上での渡航が必要かもしれないということも、念頭に置いて頂きたく思います。

Count per Day

  • 117現在の記事:
  • 27今日の閲覧数:
  • 21今日の訪問者数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: