手術サポートの予約状況について

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。
本日は、お知らせさせて頂きたいことがあります。

少なくとも、厚い信頼を下さっている方々からのサポートの依頼を受け、また、2月下旬もしくは3月上旬に、第2回目の個別面談間接カウンセリングの開催を予定しておりますため、10月から来年3月中旬までの、弊社がエージェントを務めさせて頂いおります、ヤンヒー病院/ガモン病院/PAIでの手術の際のサポート依頼の予約を、締め切らせて頂きます。

1ヶ月当たり、予約を頂いた方々の人数は、決して多くはありません。

ただ、10月12月1月2月と立て続けに、ミニペニス形成や各皮弁陰茎形成、そして、陰茎形成に向けての下準備の手術等、大掛かりな手術のサポートの依頼を頂いております。

手術において、大きいも小さいもなく、全て命がけの手術に変わりはないことは、私も重々承知しております。
しかしこの度、御歳50歳で、前腕部皮弁陰茎形成という大手術に臨まれ、その後も再手術、再々手術と経て、結果、不本意にも陰茎を切断せざるを得なかったヒロさんのサポートに当たらせて頂き、改めて考えさせられることが多々あり、ほぼ自由を奪われる、寝たきりの入院生活が長い手術を受けられる方には、できる限りの時間、付き添って傍にいて、術後の経過を見守りたいと、強く思った次第であります。
また、全ての手術において、多数あるエージェントの中から、私を選んで下さった方々の期待に、充分応えられるサポートサービスを提供したい、こちらの勝手な都合で、大変申し訳ありませんが、このような理由から、2015年もまだ終わりではありませんが、3月中旬までのサポートの依頼受付を、締め切らせて頂きます。
何卒ご了承下さい。

また3月中旬以降の手術のサポート依頼に関しましては、順次受付ております。
ご依頼を頂けましたら、私で良ければ、ご予約の方を承らせて頂きますので、タイでの性別適合手術をご検討されていらっしゃる方は、いつでもお気軽に、お問い合わせを下さい。

何卒宜しくお願い致します。

2015年9月29日(火)
RISEGROUP
船橋 篤司