サポート内容について

サポート内容について

このページでは、入院中/滞在中の、弊社からご利用者様にご提供させて頂くサポートサービスに関することについて、今まで受けたご質問と、その回答を、ご紹介させて頂きます。
Q:入院中は、どんなサポートを受けられますか?
A:
ご希望に応じて、サポートサービスを提供させて頂きます。下記ページをご参照下さい。
https://risegrooup.net/基本費用と内容/
Q:皮弁法での陰茎形成を受けたいと考えています。大変な手術だと思うので、同行者を連れていく必要がありますか?
A:
まず、ワクチンを受けていないタイへの渡航者は、基本的には到着後15日間の隔離期間を、厳しい監視下で過ごさなければなりません。これは付添でこられる方も例外ではありません。ASQ隔離施設により宿泊費用は異なりますが、率直に言うと、通常時の倍の費用がかかると思って頂ければと思います。また、タイへ到着後数回受けるPCR検査で陽性反応が出た場合は、術後の付添などとは言っていられない状態になります。要するに、このコロナ禍での渡航には、通常時はあり得ない様々なリスクが伴いますので、もしどうしても同行者を伴う必要がある場合は、世界的にこのコロナ禍が落ち着いて、厳しい措置等が必要なくなった状態での渡航が、より安心かと思います。
Q:退院後帰国までに、観光や買い物に行けたらと思っていますが、そう言った案内や付き添いはしてくれますか?A:
タイ到着後の隔離期間を終えており、その間に受けるPCR検査の結果が陰性であれば、基本的にはその後自由に動くことは許可されています。ただ現状(5月4日現在)、バンコク市内での感染者数が以前より増えており、タイ政府の方針で、飲食店はアルコール類の販売が禁じられ、店内飲食禁止でデリバリーでの販売のみ許可されていたり、コンビニも24時間営業ではなくなっていたり、観光客に有名なナイトマーケット内も、店舗数が激減していたり等、観光本に載っているような活気はなくなっています。また、帰国前に最後のPCR検査を受けなければなりませんが、この検査結果が万が一陽性反応が出た場合は、予定通り帰国することはまずできなくなってしまうため、あまり無理をされないことを願います。ただ、どうしてもと言う場合は、術後の体調等も考慮しながら、短時間で、タイ人スタッフが付き添い、ご案内させて頂きますので、事前に一言、私の方へご相談頂ければ幸いです。
Q:同行者がいる場合、その費用はいくらですか?
A:
コロナ禍での渡航に必要な費用は、下記の通りです。
・パスポートを持っていない場合は、パスポート申請費用
・航空券代金
・ビザを取得する場合はそのビザ取得費用
・新型コロナウイルス感染症をもカバーする医療保険補償額100000USドル以上の保険加入料
・ASQ隔離施設宿泊費用
・タイ政府が定める隔離期間を終えた後、帰国まで滞在するホテル費用
・滞在中のお小遣いや食費
・帰国前72時間以内に受けるPCR検査代金
上記費用の合計は、一概にいくらと言うことは非常に難しいですが、隔離期間を過ごすホテル代金を安めにしたとしても、最低でも30万円前後(通常時は平均すると13万円前後でした)になると思われます。
Q:海外へいくのが初めてなので、一人での渡航が不安です。渡航時の同行サービス等はありますか?
A:隔離期間を過ごすホテル代金等、通常時の倍の費用の負担を、ご利用者様にしていただくことになってしまうため、このサービスは停止しています。
Q:陰茎形成を終えた後、一人で帰国できる体力があるかどうか不安です。帰国時だけでも、日本まで同行願えますか?
A:コロナ禍の日本及びタイ政府の水際対策等考慮すると、大変困難が伴うため、このサービスは停止しています。