同級生

小学校時代からの同級生。
同級生と言っても、僕は中学から、みんなとは別の学校へ行き、高校は地元も離れ、長い年月決して身近な間柄ではありませんでした。
それなのに、今年の夏の帰省時、みんなが集う場所に呼んでもらい、そして今回も、《焼肉行くけどどう?》と誘ってくれ、楽しいひとときを、一緒にさせてもらいました。

この歳で、更に、小学校卒業後、頻繁に連むことなんかなかった僕なのに、この時間のブランクを感じさせない温かさ。

今日の集いの中に、夏の帰省時は顔を合わせなかったAがいました。

A:オメ(オマエ)のこと、なんて呼べばいいんだ…?
僕:えっ?アツコでいいべ。
皆:ワイど(標準語で俺たち)、アツコって呼んじゃぁで!
A:いやぁ、はぁ(もはや)アツコじゃねぇっきゃ。
僕:ワイは、何も気にしてないしてのぉ笑
皆:ワイど、オメ(オマエ)以上になんも気にしてねぇして笑

《優しさ》…
ありきたりな言葉かもしれないけど、みんなの《優しさ》を感じずにはいられませんでした。

関連記事

  1. 電話での質疑応答

  2. ガモン先生、ありがとうございました

  3. 再会と新しい出会い

  4. 温かい光景

  5. 時間は有効に。。。

  6. iPhone6デビューしました!

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。