手。
手って、性の特徴を持つ身体の一部だと思います。
勿論一概には言えませんが、あくまでも基本的には、女性の手は、指が細く柔らかくしなやかさがあり、男性の手は、指が一本一本太く逞しく、骨張ってゴツゴツ感があり、中には、火鉢さえも握れるような皮の分厚い手のひらの方もいます。

いわゆる性別適合手術では、手術のおかげで、女性的な特徴を持つ身体を、男性的な特徴ある身体に変えることができました。

でも、手に関しては、、、

僕は、自分の手に関しても、コンプレックスがありました。
いわゆる女性的な自分の手に。
だから、握手を交わすのも、正直避けたい衝動に駆られる時すらありました、特に男性と握手を交わす時は。
《見た目によらず、華奢な手だな。。。》
と、こう感じられるのではと、すごく引け目を感じて。

手の作りって、どうしようもできない部分なんだろうけど、けど、どうにか華奢な手から脱却したい想いは晴れず、、、
ゴツゴツ感がある、自分の憧れる男性的な手に近づきたく、筋トレの時、グローブを着けずに、素手で取り組むことにし、しばらくそれを続けてきました。
それをしてきた結果、厚みがましてきたように感じます。

が、、、

手のひらが、マメができて、皮が剥けて、ちょっとヒドい感が否めない今日この頃。

(決して水虫等皮膚病ではありません。)

そこでAmazonで、パワーグリップを購入。
アメリカから発送されたんだけど、3日で手元に届きました。

新しいトレーニングの相棒です。

関連記事

  1. Cさん帰国しました

  2. FTMの自由診療や自由治療

  3. 今晩の晩御飯

  4. Tさん術後2日目

  5. バンコクの温泉

  6. Y君帰国しました

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。