夏休み29日目-ただいま-

お陰様で、無事にタイに戻って参りました。

ホテルの真ん前にある、京成上野駅から、スカイライナーで、成田空港へ。

今回は往復、LCC航空会社のノックスクートを利用しました。
FSCのビジネスクラスは、まだまだ手が出そうにない(往復で約25万円強)ので、こう言ったLCC航空会社のビジネス風(往復で約7万円前後)を。
最近は以前と違って、LCC航空会社のビジネス風でも、ファストトラック(ビジネスクラスの方が利用できる出国レーン)を利用できるようになっておりました。

ですから、性別適合手術を受けるMTFさんや、陰茎形成やミニペニス形成手術を受けるようなFTMの方は、手術を終えて日本へ帰国する際、少しでも、座っている時間が苦にならないように、こう言ったLCC航空会社のビジネス風が、より快適かと思います。

出国審査後は、免税店内を散策して、カレーライスを食べて、時間を潰しました。

お母さんに、《今度帰ったら、カレーライス作って!》とLINEを送ったら、【鶏⇨豚⇨牛の日替わりカレーにしよう】と。。。

東京での朝は、小雨がパラついてましたが、飛行中は、やや雲が多かったものの、酷い揺れ等なく、快適でした。

ノックスクートのビジネス風の座席は、足元が広々で、窮屈感はありません(身長165cmの僕)。

飛行中は、寝たり起きたりを繰り返してました。
LCC航空会社の飛行機内は、FSC航空会社と違い、各座席にディスプレイが設置されていないので、正直に言えば、眠れなければかなり退屈します。
ですから、ただ黙って座っているのが苦な方は、退屈しのぎに、本やゲーム機、スマートフォンに映画等入れておいたものを用意しておいた方が、より充実した時間を過ごせるかと思います。

飛行機は、ほぼ定刻通り、ドンムアン空港へ到着。

入国審査場は、タイのパスポート/中国のパスポート/アセアン諸国のパスポート/外国のパスポートと、レーンが分けられているので、僕達日本人は、外国のパスポート(FOREIGN PASSPORT)という案内の看板があるところへ入り列びます。

戸籍上の性別と見た目は、年々ほぼ一致しなくなってきています(オデコの広さ加減等々…)が、特に、どうこう言われることもなく、スムーズにパス。

その後は、空港に迎えに来てくれていたモッドと食事へ。

では、明日一日ゆっくりして、25日から、PAIでミニペニス形成手術を受ける方を、お迎え致します。

関連記事

  1. 涙。。。

  2. 病院を選択する基準は。。。?

  3. Y君帰国しました

  4. ただいまぁ~

  5. 2次会

  6. 身に覚えのないカップ麺

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。