Rさん術後2日目

25日の、PAIのスティン先生による反転法での性別適合手術と、喉仏縮小手術を受けたRさん、術後2日目。

痛み止めにモルヒネを使っている効果もあり、術後の痛みは決して強くないようですが、逆に、副作用で、頭痛や目眩/吐き気の症状がありました。
看護婦さんに、1時間に点滴で投与される量も少なめに調整してもらったり、頭痛薬をもらったり、吐き気止めを投与してもらったりしました。

14:00。
手術を執刀して下さったスティン先生が、回診に来て下さいました。
反転法での手術を受けた下半身は、ガーゼ等は剥がしたりせずに診察のみですが、血がガーゼに浸み出している様子もないので、異常はないだろうとのこと。
この股間を覆うガーゼは、術後4日目に当たる明後日に、ドレーンを抜き取り、形成された膣内に詰め込まれているガーゼを摘出する際に、剥がされます。
続いて、喉仏縮小手術後の状態は、喉が痛く声が掠れて、ピリピリとした違和感があるというRさん。
そこでスティン先生は、喉の手術痕にあてがっているガーゼを剥がし、診て下さった結果、異常な出血や腫れ等なく、問題はない状態とのこと。
問題はない状態なのに、こういった不快感が伴う原因は、全身麻酔での手術で挿管されていることと、異常はなくても少なからず腫れが伴うことは否めないため、そういったことが原因であるので、心配はないということでした。

関連記事

  1. Sさん2回目術後診察

  2. Q君退院しました-術後2日目-

  3. Rさん退院しました

  4. ののさん祝!退院!

  5. Hさん手術前診察

  6. Qさん退院日-ミニペニス形成後-

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。