Kさん術後翌日

昨日パヤタイ2病院で、PAIのブリン先生による、膣閉鎖とミニペニス形成を受けたKさん。

Kさんは昨夜、手術を終えてリカバリールームから病室に戻って来てから、酷く痛むこともなく、処方される分以外の痛み止めを請うこともなく、特に強い術後独特の不快感もなく、過ごせています。
食欲も十分あり、また眠れない/眠りづらいということもない状態です。

14:30ごろ。
手術を執刀して下さったブリン先生が、回診に来て下さいました。
今日は、主だった処置等はなく診察のみ。
その診察の結果は、酷い出血もなく、酷い腫れもなく、また血流が思わしくない部分もなく、良好な状態とのこと。
ミニペニス形成もまた、皮弁法による陰茎形成手術同様、様々な原因で、切断しなければならないほど重篤な症状の壊死とまでいかなくても、壊死の症状が見られる可能性があります。

術後の経過は良好ということで、早速歩く許可も頂けたKさんは、介護士さんの付添の元、病棟の廊下も、リハビリがてら、軽く歩いてみました。

目眩もなく、酷く痛みが増すこともなく、初歩行を終えられました。

Kさんは明日の回診時、変わらず異常がなければ、膣閉鎖部分に挿入されている血抜きのゴム状のドレーンを抜き取り、退院します。

関連記事

  1. Nさん術後7日目

  2. Y君手術前検査-ピヤウェート病院での検査-

  3. Sさん手術前診察@PAI

  4. U君7回目術後診察-術後11日目-

  5. I君手術から一夜明けて

  6. U君手術終えました

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。