Sさん術後3日目

先月29日の、ブリン先生による反転法による性別適合手術から、術後3日目のSさん。

術後の様々なことが原因での痛みが、日々続き、痛み止めを服用する毎日ですが、術後の経過は至って良好で、今日は予定通り、膣内への詰め物が押し出されて来ないように当てがっている、股間を覆っているガーゼが剥がされ、膣内に詰め込まれていたガーゼの摘出を受けました。

数日違いで同じ方法で、性別適合手術を受けたSさんとTさんですが、手術部位の縫合痕に違いがあります。
これは、その患者の身体の特徴により生じるとのこと。
このように、執刀医が同じでも、患者の身体の特徴の違いにより、手術痕のできる場所や長さ等に違いが出ることもあるということも、この手術をご検討中の方は、念頭に置いて頂ければ幸いです。

ブリン先生の回診後は、ガーゼを剥がされた股間全体の消毒ケアを受けながら、退院後のセルフケアに備えて、看護婦さんから指導をして頂きました。
その後は、清拭を受けて、ベッド周りも清潔にキレイにしてもらいました。

Sさんの術後の痛みの主な原因は、股間部分に当てがっているガーゼを縫い留めていた糸でしたが、今日それらが切り取られ、とても楽になったとのこと。

Sさんはもう1日入院して、4日土曜日退院予定です。

関連記事

  1. Nさん術後診察−術後15日目−*追記有り

  2. U君4回目術後診察-術後8日目-

  3. U君2回目術後診察-術後6日目-

  4. Uさん術後4日目

  5. Nさん術後10日目−排尿カテーテル抜き取り−

  6. Sさん第2回目術後診察−排尿カテーテル抜けました−

過去の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。