タイ人の方との個別面談手術説明

一年前から、タイ人のご相談者の窓口を務めるモッドとコンタクトを取り、性別適合手術についてご相談を下さっていたタイ人の方。
日頃は、ヨーロッパにお住まいで仕事をされている方ですが、タイがソンクラーン間近ということで帰省されており、【会って、手術の話を聞きたい】という大変嬉しいご要望を頂き、晩御飯を一緒にさせて頂きました。

約3時間。
メインは食事ではなく、決して団欒でもなく、FTMの手術において、最も大変な内容の陰茎形成についての話が、ほとんどでした。

手術を執刀する医師も、その手術を受ける側の患者も、誰一人として、手術を受ける前に【大丈夫】とは断言できない、やってみなければ何も見えない大手術。
壊死はしないか、立っての排尿はできるか、立ってどころか尿はちゃんと出るのか、感度はどうなのなどなど。
【知り合いが。。。】【友人が。。。】【ブログをやってる人が。。。】、しかし、同じ身体ではないので、特にその方々の《術後の良い点》のみに執着しているだけでは、心身共に手術に備えるという意味では、情報としては事足りません。

今日はこのタイ人の方に、今まで、タイの先生方からご教唆頂いた内容を、十分伝えることができたと思います。
メリット以上に、デメリットの方に注目しなければならないこと、抱えざるを得ないリスクは、非常に多いことを、少なくとも、僕が知り合う方にはしっかりと知ってほしい、こう思います。

このように、一緒にお話をさせて頂く機会を設けられ、自分の中でも、良い復習ができた、僕自身にとっても、大変有意義な時間を頂きました。

関連記事

  1. 泊まり9日目

  2. 再開2日目

  3. Hさんのお迎え

  4. Tさん帰国しました

  5. 深夜のプライベート

  6. 90日レポート

  7. そろそろ性別変更時期かな。。。

  8. 初めてのクリニックでの付き添い通訳

  9. H君M君のお迎え

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。