10years challenge

ここ最近、facebookやinstagram等のSNSで、《10years challenge》というタグを良く目にしたので、自分もやってみました…

10years challenge…
《何もしなくても、体格は良いほう》と、勘違いも甚だしかった10年前

と、
やってもやっても、《まだまだこんなじゃダメだ…》と、年甲斐もなく、憧れの男性像/人間像をひたすら追い求める、目指す今。

誰もが、人知れず、様々な思いを日々抱き、様々な経験を日々積み重ね、そして今があります。
老若男女問わず、誰しもが、それぞれの毎日を、生き甲斐を見出し、屈折しながらも必死に、常に自分を追い求めて。
【自分が知っていることが全てではない】、【自分が知っていることが真実ではない】、
【自分が知っていることが正解ではない】、
それを理解できる人が増えることを、心から願わずにはいられない、そんな今日この頃。

やり甲斐を見つけて取り組み始めると、逆に、一生懸命やって空回りして、努力が水の泡になってしまうようなことでも、経験をすればするほど、《自分に満足できる》ことから遠ざかって行く気もします。
要するに、自分で自分に満足した時点で、成長はないし、その次はないと同じことと、少なくとも僕は思います。

人は好きなように、好きな時に、誰かを評価しますが、自分が自分自身を本当に評価できる時は、きっと、この命の灯火が消える時かと。。。こうも思います。

関連記事

  1. 時間の隙間

  2. ナットという人は。。。

  3. 前腕部皮弁陰茎形成について−第2回ワンツーマン説明会-

  4. 両親へ感謝。。。

  5. 人生初の夜行バス

  6. モッド帰還!

  7. 次の支度。。。

  8. Y氏との再会

  9. ブンチャイ先生から教えて頂いたこと

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。