Z君術後11日目-いくつかの問題点-

前腕部皮弁陰茎形成手術から、術後11日目となったZ君。
術後、目立つような大きな異常はなく、術後10日目に当たる27日のスキット先生の朝の回診時に、排尿カテーテルが抜き取られました。
その後から、カテーテル無しで、尿意を催したら用を足すということになりましたが、Z君の場合は、10日間のカテーテル挿入してきた後ですが、排尿がしづらい等の困難はありません。
また、少しでも、接続されて間もない尿道(元の尿道口と形成された陰茎の尿道の接続部分)に負担をかけないようにするために、水分補給を極々最低限に抑えており、排尿回数は27日は4回、今日28日は、5:50/10:30/18:00の3回と、決して多くはありません。

しかし、徐々に僅かですが、問題視せざるを得ない点が、いくつか出てきました。
陰嚢左側が右側よりやや腫れが目立ち、陰嚢真ん中の縫合部分の一部から、血が少し滲み出してきており、排尿時には、少し尿漏れを伴っている可能性が出てきました。
また、恥骨部分に若干血や体液が溜まっている様子があり、15:00過ぎにスキット先生が、2度目の回診に来て下さり、陰茎を縫い付けている恥骨左側の縫い目を僅かに解き、そこから排出を促す処置が、施されました。
こう言った症状が見えてきたため、退院日はまだ定まらない状態。
明日の回診時の状態で、退院できるか、それとももう数日入院して様子をみるか決めると、スキット先生はおっしゃられました。

陰茎形成手術。。。
術後の経過が順調であっても、いつどのような変化や異常が生じるかは、予測がつかないものです。
ですから、こう言った、正直特殊な手術を受ける方、受けたいと思う方は、手術の詳細は勿論、人体のことについても、ある程度知識を備えて頂ければ、よりベストかと思います。

関連記事

  1. W君の術後

  2. M君退院しました!

  3. M君I君手術日

  4. T君の珍事件

  5. Y君術後診察とH君ヤンヒー見学

  6. R君手術から一夜明けて

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。