Tさん術後診察④-尿漏れ-

10日の緊急診察後ですが、尿漏れが生じるようになり、今日再び診察を受けに行ってきました。

診察のみでは、尿漏れの部位が明確にわかりづらいので、水やコーヒーをがぶ飲みして、排尿時の様子を、ブリン先生に直接見て頂きました。
尿の出具合や方向も定まっておらず、いつ、どの拍子で、自身に尿がかかるかもしれないのに、そういうことも全く気になさらずに、Tさんが腰掛けた便器の真ん前に陣取り、ライトを当てて、念入りに、尿漏れの部位を確認して下さいました。

結果、膣閉鎖の影響で、外にで切らず中に溜まっている血等の影響で、感染症を起こしており、尿道の接続部分がダメージを受けて、尿道延長のために縫い合わせた部位に瘻孔が生じたことが、Tさんの尿漏れの原因だろうという診断でした。
また、外観上は、皮膚が赤く炎症を起こしたり等目立つ症状はないものの、内部のダメージを懸念され、今回急いで、瘻孔部分を縫合することは、よりダメージを与えてしまう可能性が高いため、今回は無理に縫い合わせずに、3-4ヶ月少し長い目で、この状態を見ていこうということになりました。

この見解を受けてTさんは、
【うん。
ミニペニス形成を受けるに当たり、散々リスクや起こり得る症状は確認してきたから、数ヶ月間、尿道ともう一箇所からも尿が出る状態を、様子を見ながら楽しみますよ!
別に僕の場合は、急いで立ちションできないとどうこうなるっていうことはありませんから。
じゃ、数ヶ月この状態を見ていって、自然治癒が無理だったら、またタイに来れる理由ができるし^ ^】
と、こう仰って下さいました。

きっと、こうは仰るものの、誰もが、何事もなく良好な状態で帰ることを願うはずだし、Tさんだって、そう願ってきたはずです。
しかし結果、尿漏れという症状を抱えましたが、ブリン先生に、何度も何度も、お礼を伝えるTさん。

帰国までに、もう一回診察があるのですが、Tさんのリクエストに応えて、今日のうちに、、、

現状を、わかりやすく、いつも伝えて下さる診察姿勢のブリン先生と、ありのままをしっかり受け止めて下さったTさん。

良い思い出の写真になってようで、何よりです。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. ののさん最後の診察@PAI

  2. Y君手術前検査-ピヤウェート病院での検査-

  3. パヤタイ2病院ご紹介

  4. Sさん手術日でした

  5. 晩御飯を求めて-パヤタイ2病院周辺-

  6. 性別適合手術のリスクを諸に背負って

  7. スティン先生の回診2

  8. Cちゃん手術終えました

  9. Y君第一回術後診察-ミニペニス形成から6日目-

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。