S君前腕部皮弁陰茎形成手術日

今日はヤンヒー病院でS君の、ショクチャイ先生執刀による、前腕部皮弁陰茎形成手術が行われました。

僕は、朝5:30過ぎにS君の病室に。
既に、4:00頃には目が覚めたと、トイレに行ったりしていたS君。

6:00になると、看護婦さんが病室に来て点滴を開始。
ところが、上手いことルートを取ることが出来ず、手術室に入ってから点滴を開始することになりました。

6:40頃。
搬送担当者が迎えに来て、病室のベッドごと手術室へ移動。

その約8時間後の15:40頃、無事に手術を終えたS君が、リカバリールームから病室へ、搬送されてきました。

長時間に及ぶ全身麻酔での術後でしたが、意識もはっきりしており、麻酔薬の影響等による吐き気もなく、また幸い、苦痛になるような酷い痛みもないとのこと。
吐き気もなく、状態も良好なので、早速水を飲んだりしました。

S君が病室に戻ってきて約1時間後には、執刀して下さったショクチャイ先生が、早速回診にきて下さり、形成されたてのまだ間もない陰茎や、マイクロサージャーリーを施すために切開した下腹部の出血具合等診察をして下さり、また、手術は問題なく滞りなく終えた旨が、告げられ、早速執刀医から、こう言った言葉を聞くことができ、S君も一安心できた様子でした。

S君は、大手術の疲労や、ペインフリーの影響等で、目覚めて水を飲んでは眠るを繰り返しており、比較的眠っている時間が長い状態です。
そのためspo2の値がやや低めだったため、より体内に酸素を取り込めるように、20:50から、酸素吸入が開始しました。
日頃、酸素吸入処置を受けることがないため、こう言った対応を受けると、《何か問題があったのかな》と、受ける側は、不安になりがちです。医療系のドラマ等でも、酸素吸入が施される場面は、緊急事態の場面が多いですし、そう言ったシーンを見たことがあれば尚更、《エッ。。。》と思ってしまうものです。
しかし、医師や看護婦さんが施してくれる処置は、全てがそう言った緊急事態だから、危険な状態だからというわけではありません。
酸素吸入一つとっても言えることですが、ダメージが露わになる前に、処置を施し、患者の状態をよりベストに保つことが目的の場合も多く、いわゆる予防措置と思って頂ければと思います。(術後自身が何か処置を受ける場合、何でこういう処置を受けるのか、何のためなのか等々、気になる方は、その都度しっかり確認をするようにして下さい。その確認ができることで、より納得した術後を過ごせるようになりますし、自分の身体が受けた処置を理解できることで、安心にも繋がりますので。)

この前腕部皮弁陰茎形成手術後は、どれだけ経過が良く順調に回復を遂げても、最低でも10日間(稀に9日間)、ベッド上に寝たきりの入院生活となります。
かつ、どんな寝相でも良いのではなく、軽く開脚し、ひたすら仰向けの状態を保たなければなりません。
寝たきりの時間が、身体に及ぼすデメリットはあります。
しかしそれ以上に、手術で形成された身体の新たな一部の状態をベストに保つが、この手術後は何よりも優先されます。

タイはただ今22:30前。
S君が病室に戻ってきて、約7時間弱が経過しますが、引き続き、何事もなく経過を過ごせるよう、今日からしばらく、病室に泊まらせて頂きます。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. Y君術後6日目

  2. K君術後5日目−前腕部洗浄−

  3. Mさん2回目の術後診察

  4. Mさん再々手術から3日目

  5. M君の術後翌日

  6. F君手術前診察@ヤンヒー病院

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。