Qさん術後翌日

昨日のパヤタイ2病院での、PAIのブリン先生執刀による、膣閉鎖とミニペニス形成から一夜が明けたQさん。

昨夜は、病室に戻ってきてしばらくしてから、吐き気を催し、少し嘔吐に悩まされた時間もありましたが、悪化することはなく、朝を迎えました。

前回の術後もそうだったということですが、今回も、麻酔薬の影響で、食欲がイマイチ湧かず、病院食の朝食も昼食も進まないようだったので、ただ、食後に服用する抗生物質があったため、ゼリー等口にしやすいものを調達させて頂いたりしました。

13:10頃。
ブリン先生が回診に来て下さいました。

今日は術後翌日ということで、手術部位を覆っているガーゼは剥がされず、診察のみでしたが、ガーゼを少しめくり、ライトを当てながら、血流が悪くなっている部位はないか等、診て下さいました。
皮弁法による陰茎形成とは違いますが、ミニペニス形成においても、血流を損なう可能性は、決して多くはないけど、伴うリスクとのことです。
また、昨日の手術は、問題なく終えたとのことでした。

ブリン先生の診察を終えた後数時間寛ぎ、Qさんが、吐き気等体調に思わしくない症状もなく、術後の痛みもほぼないとのことだったので、ブリン先生から許可も頂けたので、リハビリがてら歩いてみることにしてみました。

ベッドから状態を起こして、縁に腰をかけたQさん。
めまい等ないということで、ベッドから立ち上がってみました。
気分の悪さを訴えることもなかったので、そのままゆっくり歩行練習を。
初日なので、病室内のみに留めましたが、しっかりとした足取りで歩けたQさん。

初歩行の感想は、股間に何か挟まっているような感じとのこと。
手術部位の腫れが治るまでは、しばらくこの感覚は、続くかもしれませんが、焦らず、1日1日回復を遂げて頂ければと思います。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. Nさん手術から一夜明けて

  2. Tさん術後3日目

  3. H君I君最後の術後診察@PAI

  4. Sさん1回目術後診察-ダイレーション開始-

  5. Mちゃん手術から一夜明けて

  6. パヤタイ2病院ご紹介

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。