I君H君のお迎えに

8月中旬過ぎからの久しぶりの長期休暇を終えて、リフレッシュして、今日からまた、信頼を頂き、サポートのご依頼を頂いた方のお迎えにあがっています。

到着するのは。。。
約5年前に、PAIでの乳腺摘出手術と子宮卵巣摘出のサポートをさせて頂いたI君と、同じく約5年前に、ヤンヒー病院での乳腺摘出手術と子宮卵巣摘出手術のサポートをさせて頂いたH君。
二人は元々知り合いでも何でもありませんでしたが、5年前のこの手術がキッカケで友達になり、今回は一緒に、目指していたPAIでのミニペニス形成を受けに来たのです。

友達同士でミニペニス形成…
あまりないケースかと思います。
また、友達同士で同じ手術を受けに来るデメリットは、同じ病院で同じ医師が担当する場合特に、術後の回復過程において大きな差が生じた場合、回復が思わしくない側は、非常に不安を抱く原因にもなりかねません。
こんなデメリットが伴うに当たり、二人は本当に真剣に、僕の話を聞き、またよくよく考えて、今回の手術を決めてくれました。

また何故、日本人にはあまり知られていないPAIでの手術を、二人は選択したのか…
数や知名度に捉われず、ただ偏に、《ブリン先生の手術を受けたい》、こんな執刀医への厚い信頼。

二人は明日、PAIにて、ブリン先生の手術前診察を受けて、H君は6日に、I君は7日に、それぞれ手術に臨みます。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村





関連記事

  1. N君のお迎えに

  2. お母さん、誕生日おめでとう!

  3. 夕方のひととき

  4. ののさん到着

  5. 97歳

  6. 遊びに来てくれたT君と

  7. ブリン先生とのカウンセリング-個別面談用-

  8. ののさん帰国しました

  9. 365日分の77回目

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。