ののさん術後7日目-第一回術後診察-

ヤンヒー病院でのY君の朝の回診の付き添い通訳を終えた後、Y君からお時間を頂いて、PAIでのののさんの術後診察の付き添い通訳へ移動しました。

僕がヤンヒー病院からPAIへ直行するので、モッドがののさんを、宿泊施設からPAIへ送らせて頂きました。

僕が到着後、間も無く二人が到着。
待合室でしばらく待った後、診察室へ通されました。

スティン先生がいらっしゃり、まずは形成された陰部全体の診察と消毒をして下さいました。
3日前、術後初めてガーゼが剥がされた時に比べると、腫れはまだまだあるものの、皮膚の色も通常に近い色になっており、見た目的な痛々しさは、和らいでいます。
一通り消毒を終えた後、スティン先生が、形成された女性器の各部位の説明をして下さいました。

続いて、術後4日目の診察時は、腫れが目立つということで、排尿カテーテルを抜き取らなかった尿道口の診察を。
実は今朝から、尿に少し多めの血が混ざっておりましたが、この3日間で、腫れは落ち着いているということで、排尿カテーテルを抜く処置が施されました。

排尿カテーテルが抜かれた後は、拡張器を使って、膣内の診察が行われました。
形成された膣内部に、異常はなく、良好な状態とのこと。
そこで予定通り、スティン先生から、ダイレーションの指導を受けました。
まずはスティン先生が、丁寧に、一つ一つ説明をしながら、注意を促しながら、ダイレーターを挿入してくれました。
そして、スティン先生が挿入したダイレーターを抜き取り、今度はののさんが自分で挿入を試みました。

『ゆっくり、ゆっくりだよ。』

と、始終声をかけて下さるスティン先生。
ダイレーション時は、痛みが伴う伴わない関わらず、ゆっくり挿入すること、ゆっくり抜き取ることを心がけることが大切です。
何故ならば、そうしなければ、デリケートな手術部位にダメージを与えたり、手術痕が開いてしまったり等に繋がりかねないからだそうです。

慣れない手つきながらも、スティン先生がおっしゃる、『ゆっくり』を心かげて、初ダイレーションを滞りなく終えたののさん。
ののさん形成された膣の深さは、約5.5インチありました。
手術前診察時に告げられた通りでした。

形成された女性器の診察を終えた後は、喉仏縮小手術の傷跡の診察を。
まだ若干腫れはあるものの、傷の治りに問題はないとのことでした。

スティン先生の回診を終えた後は、尿カテーテルを抜いた後の排尿テストを。
一本220ccの水を6本、ホットコーヒー一杯を飲んで、排尿を促しました。

排尿テストは。。。

見事に成し遂げたののさん!

陰部の腫れがあるため、尿が出る方向等はまだまだ定まらない様子ですが、何はともあれ、尿カテーテルを抜いた後、尿が出ないという症状には陥りませんでした。
排尿カテーテルを抜いた後、このように排尿テストを行うのは、何らかの理由で尿が出ない/出せない場合、院内にいるうちに判明すれば、迅速に適切な処置を施せるからとのこと。
ですからPAIで、MTFさんが性別適合手術を受けた場合や、FTMのミニペニス形成や陰茎形成等、数日間排尿カテーテルを挿入する必要がある術後の場合は、このような排尿テストがあるということを、予め念頭に置いて頂ければ幸いかと思います。

そして今日は、これからの毎日の生活に欠かせない日課となるダイレーションへの、ある意味ののさんの意気込みでしょうか。
無料でPAIからダイレーターは支給されるのですが、アクリル製の立派なダイレーターセットをご購入したののさん!

No,3のダイレーターを目の当たりにして、ののさんとモッドは度肝を抜かれた様子(^◇^;)

術後7日目の第一回目の術後診察の結果も問題なく、また、排尿カテーテルも抜けて、ダイレーションも開始したののさんですが、排尿カテーテルを抜いた後、トイレで初めて用を足す等、初めてのことだらけで、手術部位が痛み出し、気丈なののさんも、眉間に皺を寄せる場面が、しばしばありました。

術後の経過が順調でも、きっと、痛み等で辛かったでしょう。
【感覚がわからない…
でも、慣れていかないとね…】
と、自分で自分に言い聞かせるように呟くののさん。
確かに、自分で臨んで、手術で叶えた身体です。
でも正直に言って、生まれ持った性器コンプレックスを抱き、『嫌だ、嫌だ。。。』と思い続けてきても、いざ手術で、その部位が変わると、本当に色々大変なんです、その新しい身体に慣れるまでが。。。
少なくとも僕もそうでした。
擬きとは言え、念願だった、男性器に類似した、前腕部のお肉を用いて形成された陰茎が、自分の身体の新たな一部となった時の嬉しさと言ったら、一言では表し難いものでした。
がしかし、股間にソレがあることが慣れないこと…
排尿時も困難は伴いました。
『これで立ちションができるー!』
と喜んだのは束の間、いざ実際にトイレに行くと、陰茎がありながらも、様々な問題を身を以て感じたものでした。

ののさんは、今日からセルフケアでダイレーションを開始して、31日月曜日に、帰国前の最後の診察を受ける予定でいます。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村

〜サポートのご依頼を頂いたののさんのブログ〜





関連記事

  1. Qさん退院日-ミニペニス形成後-

  2. Sさん術後3日目

  3. Sさんとの団欒から…

  4. Tさん第1回目術後診察−術後5日目−

  5. Qさん術後2日目@ミニペニス形成後

  6. Cちゃん手術へ

  7. Sさん1回目術後診察-ダイレーション開始-

  8. Y君カウンセリング-PAIでのミニペニス形成-

  9. Tさん術後翌日

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。