長風呂

温泉と言う名の、所謂スーパー銭湯みたいなところへ行って来ました。
どれくらいぶりか、とても久しぶりにマッサージを1時間半受けてから入浴。

ここへ行く時は、遅めの時間帯を狙って行くんです。
何故って…
平日の遅めの時間帯の方が、より人が少ないから。
正直、陰茎形成まで終えたって、両手を挙げて、【男湯ー!】とはいきません。
男性の陰茎とは違うから、人が少ない方が、気が楽なんです。
ぶら下がっている状態は同じでも、僕のは…色白だし、勃起してる訳じゃないけど(まず勃起などしません、いや、しないんじゃなくて、そういう機能を持ち合わせていません。)、正常時にしては…長いし。
でも幸い、男性って、結構タオルで前隠してるんですよね。
だから幸い、その点では、コソコソ隠しやがってっ的な目で見られることはありません。

でも。。。
気になるんです、やっぱり小心者なんでしょうね…
湯船に浸かる時までタオルで隠して、タオルごと湯船に浸かるのはマナー違反ですから、ギリギリまで隠して、タオルをサッと外して、チャポンと浸かる。
入る湯船も決まってます、泡がブクブクしてる、1人用に区切られたジャグジーみたいな浴槽。
ブクブクのおかげで、水中に浮かぶ陰茎が、他人に見えずらいので。。。
湯船に浸かってしまえば、こっちのもんなのですが、次の難関は、湯船から上がる時。。。
タイミングを逃すと、のぼせそうになります。
ちなみに今晩は、のぼせかけました…

陰茎形成まで終えたって、現実はこんな感じです。
でも、無意味と思ったことはありません。
例え作り物でも、コレがあることで、凄く気持ちが報われました。
最初から、公共の場でのこういった場面に備えて受けた訳ではなく、ただただひたすら、自分の身体に物足りなさをずっと抱えてて、それを補いたい一心でしたから。
その他、何か変わっただろうか。。。
手術自体は、とんでもない手術ですが、自分は自分で、何かがこうなってあぁなった的な、劇的変化はありません、少なくとも僕の場合は。

湯船から上がりタイミングを逃したせいで、思わぬ長風呂になってしまい、脱衣所で、いくら体を拭いても拭いても、汗が噴き出す始末…
せっかく、いい汗流せたのに。。。

時間も時間なので、渋滞は全くなく帰宅。

モッドが買ってくれた、ゴールデンキウィを夜食に^ ^

【篤司は、これが好きだから】
こう気にかけてくれる人がいる有り難さを、痛感して寝ます。

おやすみなさいm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. らしくなってきた…

  2. M君帰国しました

  3. 再会と新しい出会い

  4. 一年経ちました

  5. 複雑な心境。。。

  6. Sさん到着

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。