連絡手段について

現在は、スマートフォンの普及率が非常にあり、昔のように、連絡を取り合う手段は、電話やメールのみではなく、アプリケーションのLINEや、ソーシャルネットワークのメッセンジャー機能を使ったりと、幅が広がりました。
私もまた、その手段を使う者の一人であり、ご相談を頂く方や、お客様、また病院関係者(医師を覗く)との連絡事項のやり取りに使っています。

多くの手段がある中で、LINEは、非常に便利であると思います。
画像の送信も、添付方法が簡単ですし、また特に”ブロック”等、特別な設定をしない限り、送受信が可能です。
一方メールは。。。
日本の電話会社のドメインを使用している場合(@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpや@softbank.ne.jp)、迷惑メール受信防止機能が高く、設定をしなかったり、設定をしてもその設定が完了していなければ、様々なドメインのメールを受信できないようになっている可能性もあります。

そこで、度々問題を招くのが、弊社からメールが来ないという内容です。
頂いたメールには、必ず返信をしておりますが、その後その方からの返信もなく、こちら側としても、受信できているのか、将又、受信設定がなされておらず、弊社のドメインのメールを受信できていないのか、確認のしようがありません。
スマートフォンの受信設定については、ブログでも、ホームページでもお願いしておりますが、その設定方法がまず侭ならない方も、決して少なくないと思います。
このような事情から、正直あまり気は向きませんでしたが、”ブロック”という設定をしない限り、基本的には問題なく連絡が取り合え、尚且つ、読んで下さったかどうかも知れるLINEを使って、連絡を取り合った方々、そして現在取り合っている方々がいます。

しかし、私に至らない点があり、LINEで連絡を取り合っていた方との間に、問題が生じてしまいました。
頂いたメッセージを読んだにも関わらず、返信をしていなかったという、私の失態です。
メッセージを開き読んだら、その場で直ぐに返信ができればいいのですが、タイミング上、そうもいかないことがあり、返信忘れがないように努めても、至らず、ある方に、多大なご迷惑をかけてしまいました。

そこで、今後このような事態が起こらないよう、弊社では、メール及び電話での連絡を、主な手段とさせて頂きたく思います。
弊社へ、お問い合わせや、お申し込みを下さる方は、今一度ご自身のスマートフォン等の設定をご確認下さい。
1:メールアドレスの、@以降の弊社の独自ドメイン【risegrooup.net】を、受信可能にして下さい。
2:設定に自信のない方は、お手数ですが、メールを下さる際に、電話番号と電話で話せるご都合の時間帯を、必ず記載して下さい。弊社から返信後、そちらから返信を頂けない場合は、ご指定頂いた時間帯に、私から電話をさせて頂きます。
3:お手数ですが、可能であれば、是非フリーメールアドレス(Yahooメールアドレスや、Gmailアドレス等)を、取得して下さい。フリーメールアドレスであれば、”受信拒否設定”をしない限り、基本的には、様々なドメインのメール受信が可能です。
4:何か理由があり、フリーメール取得は気が進まないという方は、メールに、LINEのIDをご記載下さい。この場合、質疑応答にLINEを使うのではなく、メール送信後、弊社からのメールが受信できているかどうかの確認手段とさせて頂きます。

もしかしたら、上記内容をご覧下さった方の中には、”そこまでしないといけないの。。。”と、不快に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
その通りかもしれません。
しかし、大切な手術についてや、それに向けての段取りに欠かせないこと、または術後の緊急なアフターフォローを必要する場合等、大切なことでありますので、どうかご理解頂き、ご協力を頂ければ、大変有り難いです。

参考までに。。。
フリーメールアドレスの取得方法を紹介しているサイトを、ご紹介させて頂きます。
ある程度の登録情報の入力が必要なので、若干手間はかかるかもしれませんが、一つでも取得しておけば、弊社とのやり取りのみではなく、お役に立つこともあると思います。
参考ページ→フリーメールアドレス取得方法ご紹介

フリーメールアドレスを取得すれば、例えば、スマートフォンやタブレットを新調しても、登録時のパスワード等のみで、今までのメールの送受信も全て取得できます。
LINEの場合は、バックアップ等が取れていなければ、今までの履歴が喪失したりする可能性もあります。

以上、私が万能でないが故に、お手数をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。

追記:実際にタイに来られて、手術を受けられる弊社のお客様へは、私個人のLINEのIDをご登録頂き、滞在中の万が一に備えての、連絡手段とさせて頂いておりますが、あくまでも滞在中の連絡手段とさせて頂き、帰国後のアフターフォローや、ご相談については、メールで行わせて頂きたく思います。ご理解ご協力を頂ければ、幸いです。

関連記事

  1. ヤンヒー病院からプロモーションのお知らせ

  2. タイ南部での爆発事件

  3. タイ南部からのお土産受取報告

  4. 病院の保障と追加検査

  5. 新年のご挨拶に-ガモン病院へ-

  6. ヤンヒー手術料金値上げ前の措置と新料金

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。