R君術後診察

先月27日にヤンヒー病院で、ショクチャイ先生執刀による、膣閉鎖尿道延長と前腕部尿道形成手術を受けたR君。
術後10日目に、術後診察を受けました。

診察の結果、まず、カテーテルを通して、陰茎の尿道となる部分は、手術痕の治りも良く、異常はないとのこと。
ただ、カテーテルを通している内側に移植した皮膚の定着を重視して、この診察時にはカテーテルを抜き取って差し替える等の処置はなく、帰国後いつから、自分でセルフケアを開始するか、そしてそのケアの仕方を、ショクチャイ先生から受けました。

また、膣閉鎖尿道延長手術を施した部分については、大きな問題はないとのこと。
膣閉鎖部分から、異常に出血をすることもなく、また退院後宿泊施設に滞在中も、尿の出が悪い等のトラブルはありませんでした。
ただ、一部分が、血流が悪く、白く変色しているところがあります。
ここ部分を特に、R君は心配していたので、念入りにショクチャイ先生に尋ねました。
見解を述べて頂きましたが、然程心配はないとのこと。
先生から直々にこのような言葉を頂けて、R君も、ホッとした様子でした。

ショクチャイ先生の診察を受けた後は、看護婦さんに、臀部のホチキス(前腕部のカテーテルを通している内側に、移植された皮膚を切り取った部位)を抜いてもらい、前腕部、そして膣閉鎖尿道延長部分と、消毒をしてもらいました。

因みに、R君の臀部の手術痕を留めるために打ち込まれていたホチキスの針は、全部で56本。

このホチキスがなくなり、座ったりする際も、異常なツッパリ感がなくなり、楽になったと言うR君。

R君は、今日が最終日。
帰国後は、半年後の陰茎形成に向けて、日々のセルフケア同様、時期が来たらトレーニングを再開して、体力作りにも励むそうです^ ^

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村

関連記事

  1. Sさん手術前診察@ヤンヒー

  2. I君術後20日目再手術後9日目

  3. Mさん術後7日目-良好な回復-

  4. ヤンヒー病院手術代金値上りのお知らせ

  5. K君再手術から一夜明けて

  6. I君Y君の術後

  7. K君術後翌日

  8. Nさん術後8日目-ダイレーション開始-

  9. Mさんホテルへ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。