ブリン先生と代理カウンセリング

昨日ヤンヒー病院を退院して、弊社の宿泊施設に滞在中のOさんKさんのお二人。

今朝宿泊施設で朝食を済ませた後は、瑛の同行で、観光へ出かけました。

そして僕は、PAIへ。
ブリン先生に、PAIの患者ではないのですが、ミニペニス形成後もう何ヶ月も経つのですが、術後から生じている瘻孔が、自然に塞がる気配もなく、また、排尿は辛うじてできている状態ではあるけど、尿道が狭窄しているという相談者に変わり、カウンセリングを受けて、相談をさせて頂きました。

有り難いことに、この相談者様は、僕がカウンセリングしやすいようにと、日本で受けたレントゲン検査の画像も送ってくれました。

このおかげで、どこがどうなっているのか等、とても説明がしやすく、また、ブリン先生も現状を把握しやすかったようで、もし手術となれば、どのような方法になるのか、排尿カテーテルを挿入している期間はどれくらいか、タイへの滞在はどれくらい必要か等、詳細を答えて頂くことができました。

ただブリン先生は、手術は出来たとしても、同じ症状を繰り返さないという保証はないと、懸念されていました。

どのような手術を例にあげても、完璧な100%と言えるものは、本当にありません。

また、今回の相談者様から提供して頂いた、自身の現状を伝える十分な情報提供には、本当に感服しました。
お陰様で、代理として、わかりやすい的確なカウンセリングを受けられました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村

関連記事

  1. M君のお迎え

  2. 9月の社内ミーティング

  3. K君帰国の途につきました

  4. 7月29日:午前中

  5. 待ってました、この日!

  6. 気合充填!

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。