S君術後23日目-先生の診断-

先月21日にガモン病院で、膣閉鎖とミニペニス形成と陰嚢インプラントの挿入手術を受けたS君。
今日で、術後23日目になりました。

今日のサポート業務は、こんなS君のガモン先生による術後診察の付き添いから^ ^

術後からずっと、決して大量ではないのですが、排尿カテーテルを挿入しているミニペニスの尿道からの出血が、なかなか治らないS君。
そのため、今日までに幾度も、ガモン先生の診察を受けて来ましたが、さすがのガモン先生も、いつカテーテルを抜くかとか、目処が立ちづらい状況でした。

ところが

今日は違いました!
ガモン先生が、ミニペニスの下部分を押しても、さほど出血がありません!
【良くなってるねぇ^ ^】
こう言われました!

良くなっている。。。
更に、そろそろ日本が恋しくなっているS君を、1日も早く帰国させてあげたいと思い、恐縮ですが、ガモン先生に、一つお話させて頂きました。
何かと言うと、数年前は、ミニペニス形成をして、術後問題が生じた方には、薬を注射器で吸い、柔らかい針を、ミニペニスの尿道から挿入して、内側の問題が生じている部分の治療を施していましたよねという内容。
これに対しガモン先生は、
【確かに、そうだ。
でも、あの処置を施すのは、外観も、炎症が起きて皮膚が赤くなっている場合で、彼(S君)の場合は、そこまで酷い状態じゃないから、その処置を施す必要はない。】
と。

そこでガモン先生は、液体の薬ではありませので、ダメージを受けている内側の部分に直接的に処置を施すことはできませんが、綿棒に塗り薬を取り、尿道口から中に出来るだけ入っていくように、塗り薬を塗ってくれました。

そして、カテーテルが抜ける目処を、再確認すると、来週くらいかなと!?

やっと聞けた、カテーテルが抜ける目処!

これをS君に通訳すると、本当に嬉しそうでした!

処置を終えた後も、引き続き、安静を保つように努めると、意気込みを話してくれたS君!

先週起こした辛かった腹痛からも回復し、本当に素敵な笑顔です^ ^

関連記事

  1. Y君通院開始

  2. Y君乳頭縮小手術

  3. Mさん戻って来ました!

  4. ナオさん手術前診察

  5. Aさん手術終えました

  6. M君手術へ

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。