ヒロさんあれから3週間が経過しました

4:30過ぎ。。。

【篤司君。。。】

というヒロさんの声で、目覚めました。

ここ一週間、お通じがなく、いや多少催しても我慢してきていたヒロさん。
どうも催してきて、お尻が痛いと。
4度目の手術後から間もないので、スキット先生の回診後にということで、この時は何とか耐えたヒロさん。
しかし、一週間お通じがないものを、これ以上耐えることは、通常では考えられない苦しさ。
9:30過ぎ。
限界に達してしまったので、スキット先生の回診前ではありましたが、看護婦さんからスキット先生にコンタクトを取って頂き、浣腸をすることにしました。
普段だったら、催したら、誰の許可を得る必要もなく、自分のタイミングでトイレに行けて当たり前のこと。
しかし今のヒロさんは、これ以上手術を繰り返すことがないように、通常は当たり前のようにすることですら、慎重にしなければなりません。
浣腸後の、あの気持ち悪いお腹のグルグル感…
嫌だけど、無駄に力んで、手術を受けた部位に負担をかけないように、浣腸は必須。

ヒロさんが無事にお通じを終えた後しばらくして、10:30頃、スキット先生が回診にいらっしゃいました。

ヒロさんの手当てをしながら、今日はスキット先生、看護婦さんを叱りました。
【ガーゼ交換/ケアの仕方がなっていない!】
と。。。

スキット先生が、険しい顔つきなのを見て、何を言っているかわからないけど、いつもと違う雰囲気と悟るヒロさんは、僕に、状態が悪いのかと心配そうに言ってきました。
スキット先生が、看護婦さんに指導も交えながら怒っている真っ最中だったので、消毒ケアを終えてから、そうじゃないですと、スキット先生が険しかった理由を、ヒロさんに告げました。

回診を終えた後は、今日は少し遅めの朝ごはんタイム。

先月13日の前腕部皮弁陰茎形成手術から、今日で丁度3週間が経過したヒロさん。
長い入院生活、そして度重なった手術、自由の効かない寝たきりの毎日に、本当は、疲れ切っているだろうに、それでも未だに弱音を吐かず、食事もしっかり取り、処方された薬もしっかり服用し、前向きに、ヒロさんは頑張っています!

関連記事

  1. S君術後5日目-前腕部洗浄-

  2. Z君術後2日目-ガーゼ交換-

  3. Y君退院しました

  4. H君手術へ

  5. 術後2日目のS君

  6. I君術後3日目

過去の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。