W君乳頭縮小手術日

今月19日にヤンヒー病院で、開腹子宮卵巣摘出手術を終えたW君。

術後の回復も至って良好で、今朝の執刀医のアムナート先生の回診も、異常はないということで、本日退院です。
回診後は、看護婦さんに消毒をしてもらい、腹部の手術痕に防水シートを貼ってもらい、早速数日ぶりのシャワーも浴びました!

そして午後からは。。。
2年前に国内で、乳腺摘出手術を受けたW君は、部分麻酔での乳頭縮小手術に臨みます。

お呼びがかかり、4階へ行って、乳頭縮小手術執刀医のショクチャイ先生の診察を受けました。
W君が帰国するまで、あまり日がないということで、縫合は溶ける糸を使って下さるとのこと。
診察後は、手術の同意書等へのサイン。
このサインをする書類の中には、術後の病院の保証についての同意書もあります。
ここで、しっかり注意して頂きたいことは、何が保証内で、どういう場合が保証外になるのかということ。
予め説明しているにも関わらず、同意書の内容に沿わない内容で、保証を求められることがあると、病院担当者からも、注意が促されました。
しっかりと説明を聞き、全ての書類へのサインが完了。
そして、部分麻酔での乳頭縮小手術代金の支払いを。
ヤンヒー病院での部分麻酔での乳頭縮小手術代金は、20000バーツ。
W君の支払いは、ショクチャイ先生との診察料や病院のサービス料として、150バーツが追加され、20150バーツ≒71200円でした。
ヤンヒー病院の場合は、ヤンヒー病院での乳腺摘出手術後に関わらず、タイ国内、日本国内、どこの病院での乳腺摘出手術後も、部分麻酔での乳頭縮小手術代金は、変わりません。
しかし、手術を受ける病院によっては、他院での乳腺摘出手術後と、自分のところでの乳腺摘出手術後での乳頭縮小手術代金、または、全身麻酔で乳頭縮小手術を受ける場合等、料金に差が生じる場合もありますので、検討されている方は、事前に料金を比較したりして、しっかりご検討頂ければ幸いです。

W君は、診察に支払い等済ませて、身につけているアクセサリー類を全て外し、着替えて手術室へ移動。

僕はこのまま、W君の乳頭縮小手術が終わるのを待機しますm(__)m

関連記事

  1. K君と。。。

  2. S君前腕部皮弁陰茎形成から1週間

  3. Hさん術後4日目

  4. Y君術後3日目

  5. 今年最後の手術日

  6. Z君術後6日目

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。