W君手術から一夜明けて

昨日ヤンヒー病院で、開腹子宮卵巣摘出手術に臨んだW君。
僕は、病室に泊まらせて頂き、朝を迎えました。

お決まりの朝食メニューを、コンビニで調達。

手術から一夜明けたW君は、術後の容態に異常はないものの、今朝から、ペインフリー(痛み止め薬)の影響で、嘔吐を繰り返しました。
ペインフリーは、成分にモルヒネが含まれており、結構キツめの痛み止めになるので、人によってはW君のように嘔吐したりする人も、決して珍しくはありません。
また中には、ペインフリーが身体に合わず、湿疹等が生じたりするような、アレルギー反応を起こす方もいるので、普段はない症状を感じた場合は、申告することが大切です。

W君は、術後の痛みがだいぶ和らいでいるので、嘔吐の症状を解消するために、一時ペインフリーを停止し様子を見ることにしました。

また9:00過ぎには、執刀医のアムナート先生が回診に来て下さり、術後の腹部に異常はないということで、水が飲めるようになっている状態です。
午後にはスープが、夕方には食事も出されるとのこと。
このまま順調に回復すれば、明日には、点滴とカテーテルが抜き取られ、ベッドから降りて歩けるようになります。

ペインフリーを停止して、今で約1時間が経過したW君。
嘔吐や吐き気を再び催すことなく、スースー眠れています^ ^

関連記事

  1. M君術後診察

  2. F君手術日でした

  3. M君手術終えました

  4. F君手術から一夜明けて

  5. I君手術日でした

  6. Y君乳輪へのタトゥー施術

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。