5年ぶりの再会

ガモン病院でのA君のサポートを終えた後、シーロムへ!

5年前に、手術のサポートをさせて頂いたYさんが、ご家族とバンコクに遊びに来ると、1月に連絡を頂き、宿泊先のホテルで会う約束をしました。

本当は、時間があれば、色々ご案内させて頂きたかったのですが、時間があればというより、時間を作ってでもそうしたかったのですが、それもほぼ不可能なので、それでもせめて、5年も前のことなのに、こうして連絡を頂けたことが嬉しかったから、顔だけでも合わせたいと思い。。。

ホテルのロビーで、しばし待ち伏せ!

しばらくすると、Yさんから電話があり、ご家族揃って、降りてきてくれました!

Yさんは、手術を終えて、戸籍も変更し、一家の大黒柱として、立派に頑張っています。
サポートをさせて頂いた側としても、とても嬉しい限りです!
増してや。。。
5年前なんて、エージェントになって間もなくて、至らない点も多々あっただろうに、こうして貴重なご家族との時間なのに、僕のことを覚えていて下さり、律儀に連絡を下さるなんて。。。

今の自分から、あの時の自分を見ると、まだまだタイに馴染んでなくて、本当に未熟でした。
そのため、サポートに当たらせて頂いているのに、お世話に当たらせて頂いた方々から、たくさんのことを学ばせて頂き、逆に僕自身が、見守られていたような、そんな気持ちすらします。

今日に至るまで、本当に色々ありました。

本当に色々たくさん。。。

でもこうして、バンコクに来る機会があると、行くよって連絡を下さる方々がいて、本当に励まされるし、自信になります。

人は、何か成し遂げた時、成長した時、成果を上げた時、《自分がやった》と天狗になりがちですが、きっと一人だったら、成し遂げられなかったことだって、多々ありはずです。
何故成し遂げられたか、踏ん反り返って、自画自賛する前に、支えてくれた方々への感謝の気持ちは、絶対に忘れたらいかんと思うのです。

僕もそう。
この6年間、自分の国じゃないこのタイで、こうして頑張っていられるのは、なかなか会えないけど、ご縁を持たせて頂いた方々のお陰です。

別に、この時期、こういう再会があるとかどうか見越してじゃ決してないけど。。。

絆.networkの発足は、決して間違っていない、今日Yさんに会って、ほんの僅かの時間だけど会話をして、強くこう思いました。

Yさん。
今日は、到着したててでお疲れの中、本当にありがとうございましたm(__)m

関連記事

  1. 2月19日

  2. 追い込み。。。

  3. 365日分の84回目

  4. I君帰国しました

  5. しばしのお別れ

  6. 遠方へお迎えに

  7. Y君帰国しました

  8. ひと休憩。。。

  9. 大好きだったのに。。。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。