サポートパッケージ料金とは

弊社のサポートサービスを利用し、PAIで手術や治療を受けられる場合の、手術代金、弊社の宿泊施設宿泊費用、各手術の基本的サポート費用の合計金額を、ご案内致します。
・この合計額には、航空券代金は、含んでおりません。
・この合計額には、滞在中のお小遣いや食費は含んでおりませんので、別途ご用意下さい。

ご注意

下記に示す、アメリカドル/タイの通貨バーツから日本円への換算は、2019年9月12日の為替レートの数値を適用して、計算をさせて頂いております。為替レートの数値は、多からず少なからず日々変動致しますので、あくまでも目安として、参考にして下さい。また、弊社へのサポート依頼をご検討されている方は、その日の為替レートの数値を適用して、無料で、最新のお見積りを送らせて頂きますので、お気軽に、お見積り請求のご連絡を下さい。

乳腺摘出手術

胸の大きさや、乳腺摘出手術と同時に、乳頭や乳輪の縮小も希望するかどうかで、手術代金は異なります。
・バンコク滞在10泊11日
・入院日数1泊2日
・宿泊施設滞在8泊半

主な費用
USドル/バーツでの金額
日本円に換算
手術費用
US6500-8500
699857-915198円
宿泊費用
18190バーツ
65198円
サポート費用
17912バーツ
64200円
合計額
US6500-8500+36102バーツ
829255円-1044596円

【その他必要な費用】
・往復航空券代金3-8万円前後が必要です。
・滞在中のお小遣い/食費を、別途ご用意ください。
・上記手術代金に、基本的な手術前に受けて頂く検査費用、術後診察代金は、含まれております。
・担当医の判断によりますが、術後帰国日までに、PAIでのホルモン注射を受けたい方は、その代金1000バーツ約3590円を、別途ご用意下さい。


子宮卵巣摘出手術

開腹による子宮卵巣摘出手術方法のみとなり、腹腔鏡や膣式はありません。
・バンコク滞在10泊11日
・入院日数1泊2日
・宿泊施設滞在8泊半

主な費用
USドル/バーツでの金額
日本円に換算
手術費用
US6500
699857円
タイ人精神科医とのカウンセリング費用
3850バーツ
13800円
宿泊費用
18190バーツ
65198円
サポート費用
17912バーツ
64200円
合計額
US6500+39952バーツ
843055円

【その他必要な費用】
・往復航空券代金3-8万円前後が必要です。
・滞在中のお小遣い/食費を、別途ご用意ください。
・上記手術代金に、基本的な手術前に受けて頂く検査費用、術後診察代金は、含まれております。
・担当医の判断によりますが、術後帰国日までに、PAIでのホルモン注射を受けたい方は、その代金1000バーツ約3590円を、別途ご用意下さい。


乳腺摘出+開腹子宮卵巣摘出同時手術

子宮卵巣摘出手術方法は開腹のみとなり、腹腔鏡や膣式はありません。
・バンコク滞在12泊13日
・入院日数3泊4日
・宿泊施設滞在8泊半

主な費用
USドル/バーツでの金額
日本円に換算
手術費用
US12000-14000
1292043円-1507384
タイ人精神科医とのカウンセリング費用
3850バーツ
13800円
宿泊費用
18190バーツ
65198円
サポート費用
17912バーツ
64200円
合計額
US1200-1400+39952バーツ
1435241円-1650582円

【その他必要な費用】
・往復航空券代金3-8万円前後が必要です。
・滞在中のお小遣い/食費を、別途ご用意ください。
・上記手術代金に、基本的な手術前に受けて頂く検査費用、術後診察代金は、含まれております。
・担当医の判断によりますが、術後帰国日までに、PAIでのホルモン注射を受けたい方は、その代金1000バーツ約3590円を、別途ご用意下さい。


膣閉鎖+ミニペニス形成同時手術

・バンコク滞在19泊20日
・入院日数2泊3日
・宿泊施設滞在16泊半

主な費用
USドル/バーツでの金額
日本円に換算
手術費用
US15500
1668889円
タイ人精神科医とのカウンセリング費用
3850バーツ
13800円
宿泊費用
35310バーツ
126560円
サポート費用
38809バーツ
139100円
合計額
US15500+77969バーツ
1948349円

【その他必要な費用】
・往復航空券代金3-8万円前後が必要です。
・滞在中のお小遣い/食費を、別途ご用意ください。
・上記手術代金に、基本的な手術前に受けて頂く検査費用、術後診察代金は、含まれております。
・担当医の判断によりますが、術後帰国日までに、PAIでのホルモン注射を受けたい方は、その代金1000バーツ約3590円を、別途ご用意下さい。
・術後の経過が思わしくなく、タイへの滞在日数を予定よりも延長する場合、延長した分の宿泊費用が別途必要になります。
・・術後の経過が思わしくなく、タイへの滞在日数を予定よりも延長し、その合計日数が30日を超える場合、入国管理局へ、ビザ申請の手続きをしなければなりませんので、このビザ申請代金として、1900バーツ約6820円が別途必要になります。


乳腺摘出+開腹子宮卵巣摘出+膣閉鎖+ミニペニス形成同時手術

・バンコク滞在29泊30日
・入院日数:乳腺摘出+開腹子宮卵巣摘出同時3泊4日
・入院日数:膣閉鎖+ミニペニス形成同時2泊3日
・宿泊施設滞在23泊半

*この手術は、4項目の手術を一度で行うのではなく、まず乳腺摘出手術と開腹子宮卵巣摘出を同時に行い、その後体力の回復等見て、後日膣閉鎖とミニペニス形成を同時に行う流れとなります。
*この手術をご検討の方は、まずは、ご相談を下さい。
*最初に受ける、乳腺摘出手術と開腹子宮卵巣摘出手術後の、体力の回復具合や術後の手術部位の状態によっては、医師の判断で、引き続き、膣閉鎖とミニペニス形成は受けないほうがいいという流れになる可能性もあります。
*これだけ複数の同時手術を受けるに当たり、手術決定前に、担当医の指示で、日本での様々な検査を受けることを指示されることもあります。

【その他必要な費用】
ご相談頂き、その後挙げさせて頂くお見積もりの他、下記のような費用が別途必要です。
・往復航空券代金3-8万円前後が必要です。
・滞在中のお小遣い/食費を、別途ご用意ください。
・上記手術代金に、基本的な手術前に受けて頂く検査費用、術後診察代金は、含まれております。
・担当医の判断によりますが、術後帰国日までに、PAIでのホルモン注射を受けたい方は、その代金1000バーツ約3590円を、別途ご用意下さい。
・術後の経過が思わしくなく、タイへの滞在日数を予定よりも延長する場合、延長した分の宿泊費用が別途必要になります。
・・術後の経過が思わしくなく、タイへの滞在日数を予定よりも延長し、その合計日数が30日を超える場合、入国管理局へ、ビザ申請の手続きをしなければなりませんので、このビザ申請代金として、1900バーツ約6820円が別途必要になります。


MTF反転法による性別適合手術

・バンコク滞在18泊19日
・入院日数5泊6日
・宿泊施設滞在12泊半

主な費用
USドル/バーツでの金額
日本円に換算
手術費用
US9300
1001334円
タイ人精神科医とのカウンセリング費用
3850バーツ
13800円
宿泊費用
26750バーツ
95879円
サポート費用
44780バーツ
160500円
合計額
US9300+75380バーツ
1271513円

【その他必要な費用】
・往復航空券代金3-8万円前後が必要です。
・滞在中のお小遣い/食費を、別途ご用意ください。
・上記手術代金に、基本的な手術前に受けて頂く検査費用、術後診察代金は、含まれております。
・術後の経過が思わしくなく、タイへの滞在日数を予定よりも延長する場合、延長した分の宿泊費用が別途必要になります。
・・術後の経過が思わしくなく、タイへの滞在日数を予定よりも延長し、その合計日数が30日を超える場合、入国管理局へ、ビザ申請の手続きをしなければなりませんので、このビザ申請代金として、1900バーツ約6820円が別途必要になります。


下腹部からの皮膚移植を伴うMTF反転法による性別適合手術

・バンコク滞在18泊19日
・入院日数5泊6日
・宿泊施設滞在12泊半

主な費用
USドル/バーツでの金額
日本円に換算
手術費用
US9800
1055169円
タイ人精神科医とのカウンセリング費用
3850バーツ
13800円
宿泊費用
26750バーツ
95879円
サポート費用
44780バーツ
160500円
合計額
US9800+75380バーツ
1325348円

【その他必要な費用】
・往復航空券代金3-8万円前後が必要です。
・滞在中のお小遣い/食費を、別途ご用意ください。
・上記手術代金に、基本的な手術前に受けて頂く検査費用、術後診察代金は、含まれております。
・術後の経過が思わしくなく、タイへの滞在日数を予定よりも延長する場合、延長した分の宿泊費用が別途必要になります。
・・術後の経過が思わしくなく、タイへの滞在日数を予定よりも延長し、その合計日数が30日を超える場合、入国管理局へ、ビザ申請の手続きをしなければなりませんので、このビザ申請代金として、1900バーツ約6820円が別途必要になります。


Count per Day

  • 34現在の記事:
  • 5今日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 183昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: