真似るということ

今晩は、憧れているボディービルダーの方のトレーニングメニューを真似てみました。
自分にできるかできないかは、まず試してみないと。

憧れや理想に近づくためには、時には真似ることが勉強になることもあります。
ここで大切だと思うことは、、、
筋トレに関わらず、何事においても言えることと少なくとも僕は思いますが、真似る時は、敬意を払うことかと。

自分もこうなりたいとか、手に入れたいとか思うことは、生きていれば少なからずあります。
こういう時芽生える残念な感情が、妬みや羨むという感情。
芽生えるこれらの感情は仕方ありませんが、こういう感情を抱いたと同時に、既に自分は、その人に負けたことを認めることになるということも、重々承知しておくべきかと思います。

真似事は、あくまでも真似事にしか過ぎず、その人に成りきれるものではありません。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. 彼女さんのお迎えに

  2. デルタ航空の旅

  3. 365日分の76回目

  4. Tさんの病室に最後のお泊まり

  5. 継続すること意義

  6. Pさん帰国しました

  7. 更新の時期

  8. プロテイン購入!

  9. 初めての雪–モッド珍道中−

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。