Zさんカップルお見送り

7:00に起床し、S君の朝のトイレでの排尿状態を見届けて、ドンムアン空港へ。

スキット先生とのカウンセリング目的のみで、今月28日から渡航されていた、Zさんと彼女さん。
今日午前中の飛行機で帰国するため、モッドが宿泊施設から送ってきた二人を、空港で出迎えて、お見送りさせて頂きました。

今回は、手術をしていない元気な身体なので、昨日は、運転手バンさんの付添の元、遠出してパタヤまで行き、観光を楽しまれたZさんカップル。
タイは初めてという彼女さんも、大変タイを気にいって下さったようです。

今日帰国して、約2ヶ月半後には、前腕部皮弁陰茎形成手術のために、再度いらっしゃるZさん。
本当は。。。
タイに来る28日、当初予定していた飛行機に乗り遅れてしまったという経緯があります。
電話が入りました。
【きっと、今から飛行機に乗り込みますっていう連絡かな。。。】
と思ったら、
《篤司さん、すいません。。。
渋滞に巻き込まれて、搭乗手続きに間に合わなかったんです。》
こう連絡が入りました。

【そうでしたか。。。
じゃ、今回は…】
と言う僕の言葉を遮り、
《やっと設けられた機会なので、どうにか行く方法を教えて下さい!》
と、こう言うZさん。
搭乗手続きに間に合わず、飛行機に乗れなかったと言うことで、ある程度お金は返金になったらしいのですが、それでも戻ってきた額は、支払った金額の半分。
それでも、尚、再び航空券を購入して来たいと。
Zさんご自身でも、空港内で既に、メジャーな航空会社に新たな航空券を購入する金額を確認したらしいのですが、直前ということもあり、エコノミー席でも、なんと一人当り25万円という高額な航空券になってしまうとのこと。
そこで、直前でも、比較的安めの航空券を購入出来るLCC航空会社をご案内させて頂き、手配はインターネットで、ご自身で行って頂きました(LCC航空会社を手配する場合は、旅行代理店等通すより、自身で手配した方が、手数料等発生せず済みますので)。

ここまでして今回渡航したかったZさんの目的は、最後の大手術:前腕部皮弁陰茎形成を、何一つ心置きなく臨みたいということ、そして、こんな大手術を執刀して下さるスキット先生に、事前にしっかりと挨拶をしたいということ、もう一つは、第二の故郷とも言えるタイランドを、彼女にも知ってほしいいう、こんな思いからでした。

今回3泊という決して長い滞在ではありませんでしたが、目的を全て達成でき、当初購入した航空券代金は、半分しか返金されなかったけど、戻って来なかった額、そして新たに購入した航空券代金を無駄だったと思わないくらい、充実した、来て良かったと思える内容だったと、僕としても、大変嬉しいお言葉を頂きました。

そして、Zさんから頂いた、もう一つ大変嬉しかった言葉、
【篤司さん。
ブログ、やめずに再開してくれて、本当に嬉しいです!】
と。。。
ブログをやめると告知した時も、多数の方から、メッセージを頂きました。
・ブログ書くの大変だもんね
・少しはゆっくりして
・気ままにマイペースに
・無理しないで
・ブログやめるのは残念だけど、身体に気をつけて
等々。
しかし、再開を表明した時、その倍のメッセージを頂きました。
みんな表現は違えど、内容は同じで、
・再開してくれるんですね
・良かった
・嬉しい
・励みになる
・無理しない程度に続けて
・手術について参考にしてたからなくなったら困る
・やめるって記事見て驚いたけど、何かあったのかと心配してたけど、復活したみたいで安心した
・少なくとも、真剣に読んでる人のため頑張って
・些細なこと気にしてたら、心身持たないよー
・アンチなんて、誰にでもいるんだから、そんな存在以上に、一人でも二人でも、頼りにしている人のためにこれからも頑張れ
と。
拙い僕のこのブログを、毎晩寝る前に読むことを楽しみにしていると言ってくれたZさん。
前腕部皮弁陰茎形成まで、また毎日読むから、篤司さんも頑張ってと、こう激励を頂きました。
こんなZさんの言葉を聞いて、嬉しかったと同時に、ブログを止めようとした自分を、恥ずかしく思いました。
いくら年齢を重ねても、いくら身体を鍛えても、ナイーブな面は、なかなか成長しない自分だなとも、反省します。

こんなにブログを書いていると、書いている内容に、これでいいのかと疑問や不満が生まれることも正直あります。
何事も、、、続ければ続けるほど、色々感じることが増えます。
これからは、ただの【自己満足ブログ】で終わらないよう、より気をつけて、精進して参る所存ですので、このブログを【愛読して下さっている】少数精鋭の方々、引き続き、何卒宜しくお願い致します。

ではでは。。。
ヤンヒー病院へ戻り、今日は、19日に前腕部皮弁陰茎形成を終えたS君の退院サポートと、昨日到着した、9月2日日曜日に前腕部皮弁陰茎形成手術を受けるK君の入院開始サポートをさせて頂きます。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. 連れ立って手術や注射に臨むことについて思うこと

  2. 犯人は誰や…!?

  3. 腹筋の日

  4. 最高に最幸の日

  5. 一日から…

  6. Y君からの質問

  7. 嬉しい1日の始まり

  8. 努力がもたらしてくれた自分へのクリスマスプレゼント

  9. ネズミ救出劇

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。