42歳の誕生日を振り返って

42歳の誕生日。
facebookやInstagram等のSNSや、LINE等で、たくさんの方から、お祝いのメッセージを頂きました。
ご多忙な中、時間を割いてメッセージを下さった皆さん、本当にありがとうございました。

7月7日の夜は、モッドと、そして、チェンマイから来てくれたモッドのお母さんと3人でお祝いを。
自宅でケーキ!

7月7日は、僕の誕生日という他、実は、モッドと付き合い始めた日でもあり、今年で5年目を迎えました。

こんな僕の生き様を、お母さんはこんな生き方をしている人間に会ったこともなかったのに、否定することなく、モッドとの付き合いを受け止めて下さり、タイ人とはまた違う習慣や感性を持つ僕ですが、いつも快く接して下さいます。

ホールのケーキを3人で分けましたが、ほぼ8割は、僕の胃袋へ。。。

この誕生日ケーキが食べたくて、晩御飯抜いたんです。
子供の時分だったら、絶対親に叱られるパターンですね笑
でも、42歳ともなると、自己責任です(^◇^;)

42歳を、こうして元気に迎えられたことは、そして多くの方からお祝いして頂けたことは、素直にとても嬉しいことです。
ただ。。。
僕の誕生日以前には、関西での大地震や、大雨による大被害、そしてタイでは、洞窟に閉じ込められた13人の少年、プーケットで大型船が転覆等、事故や災害が相次ぎ、命とか運命とか、考えさせられました。

捻くれ者と思われるかもしれませんが、こう言ったことからも、【平等】とは、本当に存在するものなのかとも思います。
例えば、僕は、誕生日ということで、大変幸せな時間を過ごせました。
しかし一方では、被災して、家が水没したり、避難を余儀なくされたり、怪我をしたり、最悪命まで落としてしまった方もいます。
もし平等だというなら、こう言った違いは存在しないはず。

まだまだ未熟者ではありますが、歳を重ね、様々色んなことを経験するにつれ、感慨深い事が多々あり、より1日1日を、しっかり踏みしめて歩んでいきたい、こう思った今年の誕生日でした。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. 彼女孝行の日

  2. 貴重な有難い時間と出会い

  3. チェンマイ到着!

  4. ガモン先生、ありがとうございました

  5. ほのぼのな一日

  6. 8月になりました

  7. 本日の最終業務に備えて

  8. Fさんのお迎えに

  9. 己自身との勝負

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。