N君帰国しました

今日は、今月1日にヤンヒー病院で、一文字切開乳腺摘出手術を終えたN君の帰国日。

朝4:30過ぎに一緒に宿泊施設を出て、空港へお見送りさせて頂きました。

N君とのご縁は、N君の上司の方とFacebook でつながっており、その方からのご紹介でした。

そしてN君は、職場の方々との慰安旅行も兼ねて、今回の手術に臨みました。

術後退院後は、パタヤで旅行を満喫された上司の方々や、同僚の方々が、N君を見舞いにバンコクにも寄って下さり、その際、ベストな流れで移動できるよう、知り合いのドライバーさんを当たり、皆さんにご紹介させて頂いたりと、少しは役に立てて光栄でした。

手術を受けるに当たり、当初N君は、大きい手術痕が残る一文字切開での乳腺摘出手術を、躊躇う時もありましたが、術後は、傷痕はあるものの、弛みもなく、また異常な腫れ等も伴わず、男性的な平らな胸部になったことを、とても喜んでくれ、僕も、大変丁寧な手術をして下さったショクチャイ先生、感謝の気持ちでいっぱいです。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. 久しぶりのこの方

  2. 誕生日から一夜明けて

  3. ブリン先生、ありがとうございます

  4. 365日分の11回目

  5. 1年半ぶりの故郷

  6. お迎えにあがる前に。。。

  7. 今日のサポート模様

  8. 6月11日おはようございます!

  9. 365日分の21回目

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。