ソンクラン休暇:11白い寺院

ソンクラン休暇も佳境に迫ってきた今日は、モッドとK君と3人で、タイ最北端の県チェンライへ。

チェンマイから車で3時間。

途中、パヤオの山の中を通りますが、道路工事している箇所もあり、登り道に下り坂と、絶対注意力を欠かせないドライブでした(^◇^;)

まずは目的地の寺院へ。

タイに住んで10年目になりますが、インターネットでしか見たことがなかった、タイでも有名な白い寺院:ワット・ロンクンへ!

この寺院は、1997年に、タイ人の仏教画家がデザインして建築が始まった、歴史は浅い寺院です。

また、タイでは滅多にないのですが、地震(2014年5月)の影響も受けて、一時は閉鎖されるかもとも言われたようですが、建物事態は、大ダメージを受けておらず、このデザイナーによって、再建修復がなされて今に至るそうです。

この写真、僕が撮ったんですが。。。

正直実物を見るまでは、寺院の一部が白いんだろうと思っていました。

ところが、一部だけではなく、建物の9割がこのような白塗り!

山を越えて、チェンライまで来た甲斐があったと、K君と一緒に感動。。。

境内を散歩しながら、入場口へ。

タイ人の方は無料!

タイ人以外の方は50バーツの入場料を、払う必要があります。

この寺院は、天国と地獄をイメージしているのかな。。。

と思いきや。。。

ん。。。?

エッ。。。?

その他ちらほら、映画で見たことがあるキャラクターや人物のモチーフが。。。

いくら歴史が浅くて現代的とは言え、ここ寺院だよね( ゚д゚)

日本の厳格な寺院じゃ絶対ない境内。

いやしかし。。。

タイ人よりも、僕らと同じ日本人よりも、欧米人よりも、中国の観光客の多さに、度肝を抜かれました。

因みにここの寺院では、以前、中国の観光客のトイレの使い方のマナーの悪さに呆れ、中国人観光客の入場を禁止するといったこともありました(その宣言後直にこの条例は解除されたようですが。。。)

せっかくここまで来て、団体様御一行に圧巻されてては勿体無い!

こんな寺院は!バンコクではまず見れないので、記念撮影を(๑˃̵ᴗ˂̵)

歴史は浅くとも、見応え抜群の寺院でした。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. 彼女孝行の日

  2. K君ビザ取得

  3. タイ前プミポン国王の火葬の儀

  4. 屋台飯

  5. 365日分の99回目

  6. ホンマに何しに来たの!?

  7. Iさんはどこの国の人?

  8. おバカンス:27予定外の一泊

  9. 今日の大掃除-その3-

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。