Gさん手術前診察@ヤンヒー

パヤタイ2病院でのPAIのブリン先生のNさんの回診時の付添通訳を終えた後、ヤンヒー病院でのGさんの手術前診察等の付添へ、移動しました。

15:00頃。
モッドが送ってきたGさんを、病院一階で出迎えて、新規患者受付を済ませて、10階病室に荷物を置き、まずは4階にて、今回Nさんの手術を執刀して下さるショクチャイ先生の診察を受けました。
今回尿道を形成する左前腕部を、ショクチャイ先生は念入りに診察をして下さり、また、その場で、上司に当たるスキット先生に電話をしたりしながら、完璧な手術前診察をして下さいました。
通常は、診察時に、ショクチャイ先生がスキット先生に電話をし、相談する事はまずありませんが、Gさんの前腕部が決して太くなかったため、スキット先生に、色々と確認をして下さったのです。

ショクチャイ先生との診察を終えた後は、手術代金の支払いを。

−内訳−
・膣閉鎖尿道延長手術(子宮卵巣摘出手術を腹腔鏡又は膣式で受けた方の場合は、この料金となります。)
170000バーツ
・前腕部尿道形成手術
70000バーツ
・ペインフリー(有料の術後の痛み止め)
3000バーツ
・診察券発行料
20バーツ
合計額243020バーツになり、今日の為替レートの数値を適用して計算すると、850315円でした。

支払い後は、精神科医一名のカウンセリングを受けて、胸部X線レントゲン検査、病室にて、採血と麻酔科医の問診を受けて、18:40頃から、腸内洗浄を受けています。

Gさんは明日朝に、もう一名の精神科医のカウンセリングを受けて、11:00頃から手術開始予定でいます。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


関連記事

  1. Y君術後診察

  2. O君手術から一夜明けて

  3. K君Y君手術日

  4. K君乳頭縮小手術日

  5. T君手術翌日

  6. Mさんの苦痛

  7. Sさん術後2日目

  8. Tさん退院しました

  9. 陰茎形成から5ヶ月目…-K君術後142日目-

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。