泊まり9日目

20時頃、所用で一時帰宅して、再びヤンヒー病院へ戻ってきました。

Sさんも、今日再手術を終えたK君も、一眠りして目覚めたところでした。

二人から、夜食の買い出しを頼まれてコンビニへ。

寝たきりの入院生活の大変さは、経験した人にしか実感はわかないことの一つかと思いますが、ただただ飽きるだけではなく、眠りたい夜に眠れなくなってしまうこと。

それでもSさんもK君も、術後の身体を優先して、愚痴をこぼすこともなく、入院生活を送っています。

就寝前のSさんとは、少し会話を。

【尿道延長後でも、排尿カテーテルを抜いた後、自力で排尿できないことってあるんですか?】

と、明日排尿カテーテル抜き取りを控えたSさんから、こう質問を受けました。

そこで実際にお世話に当たらせて頂いた方の中に、一名そういう方がいたことと、その時ヤンヒー病院が、そのように迅速に処置に当たってくれたかを、話させて頂きました。

そしてK君の病室へ。

夜食後は、呼吸訓練器で、肺のトレーニングを。

再手術後なので、3回だけと、回数を決めて。

3回とも、3つの球を吸い上げれたK君。

もう既に、病室の電気を消して就寝態勢。

ではそろそろ僕も、おやすみなさい。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村