Sさん手術日 -尿道再建 –

今日はSさんの、PAIのブリン先生執刀による、8年前に形成されたミニペニスに生じた、狭窄した尿道の再建修正手術日。

朝9:30に、滞在先のホテルに迎えに行き、一緒にパヤタイ2病院へ。
受付を済ませて、間もなく病室へ案内され、手術への身支度を整えました。

そして13:00。
予定通り手術室へ移動。
麻酔科医との通訳をしてもらう必要があると言うことで、いつも通り、看護婦さんの指示に従い、手術室まで同行させて頂きました。

Sさんの手術は、14:00から開始。
麻酔は問題なくかかり、Sさんが眠ったところで、僕は、ブリン先生に、《宜しくお願いします!》とだけ伝えさせて頂き、病室へ戻り、Sさんが戻って来るのを待ちました。

17:00過ぎ。
Sさんが、ストレッチャーで運ばれてきました。
痛がる様子はないものの、全身麻酔の影響で、身体が冷え切って寒さが強い様子。
看護婦さんに、タオルケットを追加してもらいました。
Sさんに声をかけると、声を出すのはまだ辛そうで、うんうんと頷くのみですが、話を聞き取れるくらい、意識はしっかりしています。

術後のバイタルの数値は、血圧が若干高めですが、問題はないとのこと。

もう少しSさんの意識がはっきりして目を覚ましたら、体調を伺いながら、少しずつ、水を飲ませていこうと思います。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村





関連記事

  1. ののさんのアレルギー症状悪化と対応

  2. I君退院しました

  3. Oさん手術前カウンセリング

  4. ののさん術後3日目

  5. Sさん手術から一夜明けて

  6. Oさん術後4日目

  7. Tさん第1回目術後診察−術後5日目−

  8. H君退院しました

  9. Y君手術前検査-ピヤウェート病院での検査-

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。