Qさん第3回目術後診察−排尿カテーテル抜き取り−

今日はPAIで、今月3日の膣閉鎖とミニペニス形成から術後7日目を迎えたQさんの、第3回目の術後診察の付添通訳を、させて頂きました。

診察に通され、目立った異常がなければ、排尿カテーテルを抜くので、それに備えて、看護婦さんが管をクリップで挟み、尿の流れを一時止める状態にされました。
まもなく、ブリン先生がいらっしゃり、診察開始。
腫れもあり、また手術痕の治りが遅い一部分からの出血等も見られるのですが、排尿カテーテルを抜いた後、これらが排尿に支障を与える可能性はないというブリン先生の診断で、予告通り、術後7日目の今日、排尿カテーテルが抜けました。

排尿カテーテルを抜いた後は、水やコーヒーを飲んで、排尿テストを。。。
200mlのミネラルウォーター2本と、ホットコーヒー一杯を飲み終えて間もなく、尿意を催したQさん。
カテーテルを抜いて初めてのトイレでの排尿は、血が混じった尿であるものの、尿漏れを生じることもなく、無事に終えることができました。
ブリン先生曰く、しばらく尿に血が混じってくると思うけど、膀胱が傷ついて等の理由ではないから、中に溜まっている血ができるとその症状も落ち着くので、心配しないでということでした。
2回目も、3回目も、結構リラックスした状態で、排尿テストをクリアできたQさん。

また大変有り難いことに、排尿の問題はないけど、傷の治りが遅い部分があるから、今週末まで毎日ブリン先生が、診察をして下さるとで、こう言った、臨機応変なPAIのブリン先生の対応で、より安心感が増したと、Qさんはこう評価をして下さいました。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村