Qさん退院日-ミニペニス形成後-

昨夜F君を空港へ見送り、パヤタイ2病院に入院中のQさんの病室へ戻り、3日目の泊まり込み明け。
目覚めてスマホを見ると、F君から、無事に帰国した旨と、F君を紹介して下さったK君から、LINEが入っていました^ ^

Qさんは、今月3日の、PAIのブリン先生による膣閉鎖とミニペニス形成から術後3日目を迎えました。
お昼ご飯を食べた後は、病棟の廊下をゆっくり少し散歩してみました。

散歩を終えて、Qさんはしばらくお昼寝。。。

そして14:30頃。
ブリン先生が回診に来て下さいました。
ミニペニスを包んでいるガーゼを剥がし診察した結果は、問題はない状態と言っていいだろうとのこと。
大手術を受けたことはよくよくわかっていても、未知の状態で多々不安が募るQさんですが、このブリン先生からの言葉を頂き、少しは安心できたようです。

また、今後くれぐれも気をつけることは何かも、ブリン先生から教えて頂きました。
・歩行時はくれぐれもゆっくり歩くこと。
・排尿カテーテルが抜けるまでは、管が下に垂れた状態になって、ミニペニスを引っ張るような状態にしてしまうことは避けること。
等々。

Qさんは、術後から今日まで、異常等ない状態で、今日これから退院し、ブリン先生の指示に従い、明日術後診察のため、PAIへ通院します。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村