Qさん手術から一夜明けて

昨日パヤタイ2病院で、PAIのブリン先生執刀による、膣閉鎖とミニペニス形成手術を受けたQさん。
術後病室に戻って来てからは、麻酔の影響による吐き気等もなく、水も飲めて、軽く食事も摂れ、夜中も、手術部位の痛み等訴えることはありませんでした。

朝は、バイタルチェックに来た看護婦さんの音で目覚め、点滴を抜いてもらい、続いて清拭を受けて、軽く朝食を。
その後は、寝たり起きたりを繰り返して、昼食の時間を迎えました。

昼食を済ませてマッタリしていると、13:30頃、ブリン先生が回診にいらっしゃって下さいました。
今日の診察は、手術部位の股間に充てがわれているガーゼを少し捲って確認のみ。
膣閉鎖部分からの大量な異常な出血もなく、問題はない状態とのことでした。
また、手術部位の腫れも酷くないようで、歩く許可もおりましたが、術後翌日ということで、今日はまだ歩かないでおくというQさん。

午後からは、少し痛みが増してきて、痛み止めの錠剤を服用したりしましたが、至って穏やかな入院生活を営んでいます。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村