N君手術から一夜明けて

昨日ガモン病院で、O字型切開乳腺摘出手術と、膣式による子宮卵巣摘出手術を終えたN君。
昨夜から僕は、N君の病室に泊まらせて頂きましたが、今日は朝6:00前に、N君の身の周りのお世話等を代わり、18:00頃まで、モッドが付き添わせて頂きました。

7:00過ぎ。
朝食を食べたけど、吐いてしまったから、看護婦さんに吐き気止めを打ってもらったよ、とモッドから電話がありました。

9:30過ぎ。
看護婦さんによる消毒を受けたよと一報が入り、間も無く、ガモン先生とネン先生が回診にいらっしゃったと電話が入り、お二方の先生からモッドが聞いた内容を、電話でN君に伝えさせて頂きました。

10時過ぎ。
膣式による子宮卵巣摘出手術を受けた腹部内の痛みがまだあるということで、朝痛み止めを投与してから4時間がたったから、さっき看護婦さんに痛み止めをしてもらったよと、再びモッドから電話が入りました。

その後もLINEで、N君の様子がメッセージで送られてきて、13:00過ぎには、吐き気も痛みもだいぶ良くなったようで、お昼ご飯を食べれて、今はテレビとかDVDを見ていると、嬉しい報告を受けました。

モッドは、N君の晩御飯のお世話まで付添をさせて頂き、18:00過ぎに病院を出ました。
そして僕は、ヤンヒー病院から一時帰宅して、食事を摂りシャワーを浴びて、一息ついて、モッドの後を継いで、21:00過ぎにN君の病室へ。
今晩はこのまま、N君の病室にお泊まりです。

今では、痛みも吐き気もないようで、軽く寝息を立てて眠れているN君です。

เพิ่มเพื่อน

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村