MさんK君との再会

今晩は福岡で、この方々との再会^ ^

約2年半前に、ヤンヒー病院でのU字型切開乳腺摘出手術と、内視鏡による子宮卵巣摘出手術を終えたK君と、僕のブログを愛読して下さっている方々には、まだ記憶に新しい、1月にヤンヒー病院で、前腕部皮弁陰茎形成手術を終えたMさん。

Mさんが予約をしてくれた居酒屋で、再会に乾杯!

美味しい料理が、テーブルに並びましたが、久しぶりの再会で話が弾み、みんな食べるよりも、話すことが一番(^◇^;)

実は、当初は、Mさんと2人での約束でしたが、僕が福岡に来ていることをブログで知ったK君が、嬉しいことに、【是非!】と連絡をくれて、3人で会うことになったのです。
MさんとK君は初対面でしたが。。。
この通り!

帰り間際にLINEを交換^ ^
しかしMさん、交換の仕方がわからず、スマホをK君に託す始末(^◇^;)

そして帰りは、K君がMさんを駅まで、送迎までしてくれました。

初対面の2人が、歳の差11歳もある2人が、こんなに急接近してくれて、僕も本当に嬉しい限りです。

K君は、術後帰国後も、体調等問題なく過ごしているとのこと。
また数ヶ月後には、自身で事業も始めると、大変ですよと言いながらも、とても活き活きしていました。

Mさんは。。。
術後の経過が思わしくなく、再手術に入院延長にと、寝たきりの毎日と大手術の影響で、滞在中は体重も落ちていましたが、今では、体重も手術前と変わらないくらいまで戻ったと。
問題が多かった、形成された陰茎でしたが、現在は排尿も支障なくできているとのこと。
ただ、陰茎を形成するために皮弁された前腕部は、皮弁部位に移植された皮膚の付きが悪く、一部腱が見えてしまった部分が、肉こそは盛り、再び腱が見えるような事態にはなっていませんが、その部分が弱いようで、たまに水ぶくれができたりするとのこと。
しかし、手を動かすことには支障もなく、生活に支障はきたしていないとのことでした。

3人で団欒しながらの食事。

あっと言う間の3時間半でした。

MさんK君。
会いに来てくれて、本当に本当に、ありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村