Mさん術後5日目-前腕部洗浄-

昨夜は、痛み止めの効果と、脚に装着しているマッサージ機の装着を外してもらい、比較的穏やかに眠れたMさん。

僕は、N君のスキット先生による2回目の術後診察を終えた後、Mさんの病室に戻り、朝食の補助を。

9:30過ぎ。
スキット先生が、回診にいらっしゃいました。

術後5日目を迎えた今日は、皮弁された前腕部の洗浄を。。。
腕に密着している、ガチガチに固まったコットンを、精製水を流しながらふやかして、ゆっくり剥いで行きます。

ガチガチのコットン。
見るからに固く、これで、皮弁され、皮膚移植が為された部分を締め付けているのだから、度合いに個人差はあるでしょうが、痛みが伴うことにも、納得出来ます。
思い出します、約10年前の自分自身の陰茎形成時のことを。
確かに、酷い痛みでした。
肩から外してしまいたい、こんな風に何度も思いました。

ガチガチのコットンを剥がされ、洗浄され、Mさんは腕がサッパリした様子^ ^
ただ、こうして洗浄したことが原因で、再び痛み出す可能性もあるので、その時は、痛み具合によって、錠剤なり、注射なりで、痛み止めを施すとのことでした。

洗浄を終えた前腕部は、分厚いガーゼで包まれ、再びギブスが充てがわれ、包帯で巻かれました。

このギブスが外される目処は、排尿カテーテルが抜かれて、歩けるようになる日と同日。。。

このまま、大きな問題を生じなければ、5日後となります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村

関連記事

  1. Sさん手術終えました

  2. K君退院しました

  3. N君術後診察日

  4. 寝疲れたT君の深夜のひととき

  5. K君手術終えました

  6. 術後6日目のY君

  7. 術後3日目のS君

  8. O君退院しました

  9. 念願のマッサマンカレー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。