今日のRISEのサポート体制

今日はMちゃんの手術のため、ピヤウェート病院にいます。

でも、今お世話に当たらせて頂いている方は、Mちゃんのみではなく、ヤンヒー病院での手術を終えて、既に退院して宿泊施設に滞在中のKさんとT君。
そして、ガモン病院で、太腿部皮弁陰茎形成手術と尿道接続手術を終えて術後5日目になるK坊。
また、明日Mちゃん同様、PAIのスティン先生執刀で、性別適合手術を受けるCちゃん。
信頼を頂き、サポートをさせて頂いている方々総勢5名。

そこで今日は、宿泊施設に滞在中のKさんとT君のサポートはモッドが、ガモン病院に入院中のK坊のサポートは濱田が当たらせて頂き、努めさせて頂いております。
ただ、二人に、何もかも任せっきりにはできないので、KさんT君K坊には申し訳ありませんが、電話で、各病院と連絡を取り、重要事項を告げさせて頂いています。

まずは、ガモン病院でK坊のお世話に当たっている濱田。
優しい性格を活かし、術後でベッドに寝たきりで、自由の利かないK坊のお世話に不足はありませんが、通訳はできないため、僕からナースステーションに電話をし、ガモン先生の回診時の様子を伺いました。
看護婦さん曰く、K坊の容態に異常はなく、問題ないとのこと。
2日後の26日土曜日には、陰茎を形成するために皮弁された太腿部に充てがわれているギブスが外され、そして28日月曜日には、その日の体調等にもよるけど、問題がなければ、ベッドから降りて歩けるようになるとのこと。
ガモン先生の回診を終えて、看護婦さんによる消毒ケアを終えた後は、皮弁された太腿部に皮膚移植をするために皮膚を剥がされた臀部の回復を促すために、遠赤外線を30分(一昨日の術後3日目に当たる22日から開始しています。)当てたということです。

また、宿泊施設に滞在中のKさんとT君。
今日は、Kさんが術後診察で通院のため、朝8:30に二人揃って食事を摂り、Kさんは9:00に、モッドの付き添いの元、ヤンヒー病院へ行きました。
僕が今日は、ピヤウェート病院での朝からのMちゃんの手術の付き添いのため、ヤンヒー病院へは行けそうになかったので、モッドができない通訳は、病院の通訳さんにお願いしていました。
通訳さんの協力もあり、滞りなく、術後診察も終えたKさん。
診察時に、尿の出具合が、手術前より少し悪いという症状も伝え、担当医のアムナート先生から、追加で抗生物質と痛み止めももらったとのこと。
ただ、薬についての説明は、少しわかりづらかったようなので、僕から病院の通訳さんに電話をさせて頂き、内容を確認し、詳細をKさんに電話で伝えさせて頂きました。

そして、KさんとT君は。。。
午後から、モッドに買い物や両替に、連れて行ってもらった様子♪
出先では、オヤツにアイスを^ ^

こんな二人は、術後の体調等至って良好なので、帰国日も迫っているので、明日思い出作りに、アユタヤ観光に行きます!

そして、明日手術を控えた、PAIの近所のホテルに滞在中のCちゃんは。。。
病院からの指示通り、17:00から、下剤の服用を開始!
お腹の具合が落ち着いたら、今日手術を終えた友達のMちゃんのお見舞いに、こちらに来ることにしています。

今までは、RISE=篤司一人…

こんなイメージが強かったようですが、今は、こうして、信頼を置きサポートの依頼を下さるお客様のみではなく、決して多くはありませんが、僕に信頼を置き、指示に従って動いてくれる人間が増えました。

今こうして、こういう人に恵まれていることに感謝し、変わらず、大きな手術を受けに来る方々が、少しでも安心して快適に滞在できるよう、今後も精進して参りますので、何卒宜しくお願い致しますm(._.)m

関連記事

  1. デルタ航空の旅

  2. 妹孝行@パタヤ

  3. ベルさんからのサプライズ!

  4. K坊と最後の晩餐

  5. 自信

  6. 継続すること意義

  7. 息子と呼ばれて。。。

  8. 復活!

  9. ネズミ救出劇

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。