K君陰茎形成から10日目

今月17日にヤンヒー病院で、前腕部皮弁陰茎形成を受けたK君。
手術日当日の夜に、再手術を受けざるを得ない状態になりましたが、それでもその後順調に回復を遂げて、昨日午前中に、排尿カテーテルが抜けました。
しかし、排尿カテーテルを抜いた後、自力で排尿出来ない事態になり、午後に、再び排尿カテーテルを挿入し、排尿が可能な状態に。。。

そして今日のスキット先生の回診。

スキット先生の回診となると、毎回看護婦さん達の顔も引き締まります。
スキット先生はまず、昨日の排尿カテーテルを挿入した際のことを、話して下さいました。
尿カテーテルを挿入する手術の際に、内視鏡を使ってカテーテルを挿入したが、尿道そして尿道の接続部分等に、全く問題は見られなかったと。
また、内部に全く問題がないのに、自力で排尿出来ない原因については、不安があったり(尿漏れや狭窄等)、カテーテルを抜き取った後、誰でも少なからず、排尿時に痛み等を感じるけど、その痛みで恐れてしまい、排尿ができない状態を、体が作ってしまっている。
だから、多少痛くてもしみても問題はないし、そういう症状は徐々に解消されていくから、次カテーテルを抜き取った後は、痛み等に恐怖心を抱かず、リラックスしてトイレでの排尿を試みてほしいとのこと。

K君は、形成された陰茎、そして内部の尿道等に異常はないのですが、再度排尿カテーテルを挿入したので、最低でも今週金曜日くらいまでは、ベッド上での生活になります。

関連記事

  1. K君術後24日目

  2. N君手術から一夜明けて

  3. R君退院しました

  4. K君再々手術から一夜明けて

  5. O君手術終えました

  6. 術後6日目のY君

  7. 9月も残りわずかですね

  8. 手術を終えたI君@ヤンヒー

  9. S君と大戸屋

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。