手作りポストカードと手書きのメッセージ

あらゆる連絡手段が、インターネットによるものになった今日この頃。

そんな中、日本から一通の郵便が届きました。

送り主は、ガモン病院で乳腺摘出手術を受けて、今月4日に帰国したI君でした。
何か送られてくるとは、何も言われてなかったので、なんだろう。。。と思いながら、開封。

すると

I君そして、後半からバンコクに来たI君の友達のMちゃんと、観光に行った時の写真で作られたポストカードが!!!

写真だけではなく、I君Mちゃんそれぞれの手書きのメッセージが、ビッシリ書かれていました。

鳥肌が立つくらい嬉しくて、感激して、直ぐにI君に電話してしまった僕。
でも残念ながら、電話で話すことはできなかったので、LINEを送らせて頂きました。

わざわざ、こんな風に、手作りのポストカードに手書きのメッセージを頂けるくらい、僕との時間を有意義に感じてもらえて、そして、RISEGROUPのサポート内容を評価して頂けて、僕の方こそ、何とお礼を言っていいか。。。

現在、滞在中のお客様はいませんが、8月の東京での個別面談間接カウンセリングの際は、頼って来て下さった方々が評価してくれている良さを十二分に活かし、これから先は更に、【量より質】をモットーに、少なくとも僕を頼って来て下さる方々のサポートに当たらせて頂きたい、こう強く思います。

I君Mちゃん!

素敵なポストカードを、本当にありがとうございました!

関連記事

  1. PAIでの時間

  2. 今日のランチ

  3. 浅草初日!

  4. 経過報告と学び

  5. S君と最後の晩餐

  6. 休憩休憩。。。

  7. 主婦?主夫?

  8. 瑛の陰茎形成回想記開始

  9. N君のお迎えに

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。