四十路に向けて-Happy Birthday自分!-

7月7日。
今日で、39歳になった篤司です^ ^

30歳最後の歳に当たるこの39歳は、敢えて、ジムで迎えました。
一人で。

ロマンチックに彼女と迎える?

楽しく大勢の友達に囲まれながら迎える?

どちらも悪くないし、一生に一度の瞬間を、大切な誰かと一緒に。。。と言うのは、本当に至福の時だとも思います。
でも、自分には合わない。
だから敢えて、ジムで一人で、39歳を迎えました。
彼女のモッドにも、自分の意思を伝え、モッドは快く送り出してくれました。

39年前の今日。
スッポンポンで産まれてきた時と、反対の性の身体になっている現在。

本来は、乳房があって、もしかしたら今頃は、何人かの子供の母親だったかもしれない。
でも今、こういう姿であるのは何故か。。。?

誰かに強要されたから?

違います。
産まれ持った性別で、頑張って生きようと思えば、そう生きれたかもしれない人生。
でも、我の勝手な一存で、病気でもない身体にメスを数回入れ、自分が臨む男性的な身体になった。
誰のためでも、何のためでもない、ただただ自分のために。
心配して、手術を止めようとする親の声も、聞こえないくらいひたすら懇願し、手術を受けることを、許してもらったあの日。
毎年のように書いていると思いますが。。。
こんな手術を受けさせるために、親が僕のことを、大切に大切に育てたわけではないことは百も承知です。
でも、一年一年を無事に過ごし、新たな歳を迎える度に、いつも胸にある感謝は、

『何度も手術を受けた身体なのに、術後も健康でいられるくらい、大切に育ててくれて、本当にありがとう、お父さんお母さん。』

という気持ちです。

陰茎形成までしたいと言ったあの日、
『無い物を作るっていう事が、どれだけ大変な事か、お前、わかるか。。。?
死ぬかもしれないんだよ!』
こう懇々と話してくれた父。
それに対し、本当に親不孝極まりない返答をした僕。
『自分の望む身体になって死ぬなら本望です。。。』
と。

時代の流れに沿わない、ニーズに応えない、こういう態度とか思考って、悪く言えば、『怠慢』だと思われがちです。
僕もきっと、こう思われている一人かもしれない、この狭いFTMという枠の中においては。
でも、決して『怠慢』じゃないんです。
現代の考えに染まりたくないと、信念を貫きたいだけ。

誕生日をジムで迎え、今日は、自分に試練を課しました。
筋トレの他、一時間ランニングすること。
普段は、あまり走りませんが、今日は特別です。
何故って?
今年は、今まで以上に更に、
『自分に厳しく』
を、モットーにしていきたいから。
自分で自分に課した課題もクリア出来ず、人様のお世話に当たるような中途半端な対応はしたくない。

【筋トレとエージェント業、何混ぜてんの!?】

って、思われるかもしれません。

でも共通する点は、あります。
筋トレは、ただただ数をこなせばいいってもんではなく、一回一回、正しい姿勢を保ちながら行うことで、鍛えようとしている筋肉に負荷がかかり、徐々に筋肉が大きくなっていきます。
これと同様に、今年は更に、一人一人を大切にしていくサポート内容を心がけていきたい。
『人数』ではなく、一人一人への『内容』を、濃いものにしていきたい。

こんな風に、サポートに対し、熱い想いを抱けるのは、決して数は多くなくても、信頼を寄せて頼って頂き、今も尚続くご縁を頂いた、《絆》で繋がっている同志のお陰です。
また、こんな気持ちに追い打ちをかけたのは、昨夜のY君との晩御飯の時の、Y君の話でした。
『2年前、伝統工芸の専門学校に合格したんです。
専門的に美術とか芸術とか勉強したことはないけど、作ったり描いたりするのが凄く好きで。。。
結果合格したんです。
でも。。。
この道に進んだら、自分は手術を受けるための費用が足りなくなってしまう、どうする。。。って、究極の天秤にかけた結果、手術を諦めて、自分の望まない女性の身体でいる事が、本当に嫌だったので、合格したけどそれを蹴って、今回の手術に備えたんです。
篤司さんに依頼して、間違いじゃなかった。』
こんな話をしてくれました。
Y君のこの話を聞き、僕は胸が熱くありました。
『こんなに想いを寄せた一大事の手術のサポートの依頼を受けたんだ』
と。。。
だからこれからも、僕は更に信念を持って、決して数は多くなくても、信頼を寄せて頂き、真剣に手術を受けに来る方のサポートに尽力したい、こう強く思いました。

また更には、先月ヤンヒー病院で、弊社の格安納得サポートパッケージを利用して、無事に、U字型切開乳腺摘出手術と開腹子宮卵巣摘出手術を終えたT君から、下記のようにメッセージを頂きました。

【サポートをうけての感想です。

今回初めての海外ということで不安だらけでしたが、費用をできるだけ抑えたかったため必要最低限のサポートを望み格安サポートを利用させて頂きました。
通訳は一言一言通訳していただき、先生との情報交換もバッチリしていただきました。他にも宿泊施設までの送迎、様々な手配、不安要素のサポートのみという内容ではありましたがそれ以上の内容で僕の中では最高の満足度です。
宿泊施設では期待をしていたその上をいくサービスと安心感がありとても居心地の良い宿泊施設でした。笑顔の素敵なモッドさんと、むちゃくちゃハイテンションで懐いてくる愛犬も、良い雰囲気の施設にGOODです(^^)

宿泊施設内は日本から来た僕らに過ごしやすいように様々な工夫がされており気づかないような配慮もたくさんあると思います。また宿泊施設で一緒にすごしたNさんとも過ごしやすい環境を作って頂き、毎日爆笑しまくりました(^^)
エージェントの篤司さんは、エージェントとしての誇りを持ち、そして人として素晴らしい方でした。僕らの気持ちを常に察して行動して頂き感謝しております。
格安サポートには観光などついていませんが必要最低限のサポートでオペをという方にはとても格安だと思います。
たくさんの経験と出会いができた2週間となりました。また次のステップに行くときもRISEさんにアテンドをお願いしたいと思います(^^)
篤司さん、モッドさん、愛犬ブサちゃんお世話になりました。ありがとうございます(^^)】

必要最低限のサポートサービスの提供ということで、決してつきっきりでもなかったのに、僕の存在を、安心感に繋げてくれたT君の気持ち。
エージェント冥利に尽きる次第です。

今こうして、熱い想いを抱くお客様に恵まれ、一人一人に、充実した内容のサポートを提供できているのは、なかなか頻繁に会うことは出来ないけど、『絆』で繋がっている同志のおかげ。
この同志から頂いた優しさや覇気は、これから僕を頼って来てくださる方々のために、充分発揮していきたいと思います。

来年は40歳。。。
この一年は、40歳を、自他共に認める一人前の一人の男性として迎えられるよう、意識を高く持ち、一日一日大切に、そして、少なくとも、僕に信頼を置いて下さる方々を、一人一人大切にしていきます。
そしてこれは、僕の勝手な企画ですが。。。

『四十路を迎えるに当たり、一年間限定企画』

を実行します。

この企画については、近日中に^ ^

39歳を元気に迎えられた事が嬉しくて、ついつい長文になってしまいましたが、最後まで読んで下さった皆さん、本当にありがとうございます。

新たに歳とった僕ですが、今後とも、何卒宜しくお願い致しますm(__)m

関連記事

  1. 新たな使命を

  2. おバカンス:22プーケットからカオラックへ

  3. R君帰国しました

  4. 365日分の12回目

  5. 6月26日

  6. T君到着しました

  7. Mさんとのひととき-宿泊施設にて-

  8. S君のお迎えに

  9. 500 Rep

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。